News
最新情報
科学の進歩

エッセイ
この世界には、科学で解明できていない事実がたくさんあります。 これまでの常識がくつがえされることも、まれなことではないと思います。 科学は、いつも後から追いかけているのです。 人間の不思議を、自然界の謎を。 必死で努力し・・・
この世界には、科学で解明できていない事実がたくさんあります。・・・
才能

エッセイ
  才能というのは、見つけようとして、見つかるものではないような気がします。 どちらかというと気づいてしまうものではないでしょうか。 気づいた後、どうするのか、そこで、道はふたつに分かれます。 その道を極めるか・・・
  才能というのは、見つけようとして、見つかるもの・・・
初めてドライブする道路

エッセイ
  初めてドライブする道路は、わくわくします。 見たこともないような建物や工場、車が走っていて、たいくつしません。 自分の知らない世界が、ひとつ開けたような気分になります。 どんな景色を目にするかで、毎日の生活・・・
  初めてドライブする道路は、わくわくします。 見・・・
人のことが気になる

エッセイ
  人のことが気になる。 それは、どうしてなのだろうと、不思議に思ったことはありませんか。 気にするだけではなく、罪悪感のような気持ちまで持つなんて、何だか面倒だと感じているのではないでしょうか。 自分の気持ち・・・
  人のことが気になる。 それは、どうしてなのだろ・・・
僕には見えていないのです

エッセイ
  僕には、人が見えていないのです。 「僕には、人が見えていないのです。人も風景の一部となって、僕の目に飛び込んでくるからです」と以前、本の中で書きました。 これは、相手が誰だかわからないということを説明してい・・・
  僕には、人が見えていないのです。 「僕には、人・・・
今日は父の日

エッセイ
  今日は父の日です。 僕の家では、家族で外食しました。 家族の中では、父が一番よく食べます。 父は食べ物にも詳しくて、家では時々、 手料理をふるまってくれることもあります。 父の日に、改めて感謝の気持ちを伝え・・・
  今日は父の日です。 僕の家では、家族で外食しま・・・
水たまりに落ちる雨粒

エッセイ
水たまりに落ちる雨粒は、小さな波紋をたくさんつくります。 きれいな模様だなぁと見とれていると、だんだんと僕の頭の中は、 空っぽになっていきます。 少し頭が軽くなると、周りの風景が、より美しく見えます。 雨がいつ止むのかは・・・
水たまりに落ちる雨粒は、小さな波紋をたくさんつくります。 き・・・
梅雨空

エッセイ
  梅雨空というのは、何だか暗いイメージがありますが、 この時期にしか味わうことの出来ない空気感は貴重です。 「じめじめ」とか「どんより」という言葉で表現されるこの季節、 大きく深呼吸して『ラン、ラン、ラン』と・・・
  梅雨空というのは、何だか暗いイメージがあります・・・
詩を書く時

エッセイ
詩を書く時、僕は出来るだけ 難しい言葉を使わないようにしています。 言葉に頼り過ぎないようにするためです。 詩としての魅力は、どんな言葉を選択するかではなく、 その人が感じている世界観を伝えることだと思っているからです。・・・
詩を書く時、僕は出来るだけ 難しい言葉を使わないようにしてい・・・
アジサイの花

エッセイ
  アジサイの花は、にこにこ笑っているようなイメージがあります。 丸い形が可愛らしくて、見ているだけで笑顔になります。 曇っている日にこそ、輝いて見えるなんて、何だか素敵です。 雨雲におおわれた空の下で、誰かを・・・
  アジサイの花は、にこにこ笑っているようなイメー・・・

記事はありません。

活動報告の記事はありません。

今日は父の日

エッセイ
  今日は父の日です。 僕の家では、家族で外食しました。 家族の中では、父が一番よく食べます。 父は食べ物にも詳しくて、家では時々、 手料理をふるまってくれることもあります。 父の日に、改めて感謝の気持ちを伝え・・・
  今日は父の日です。 僕の家では、家族で外食しま・・・
水たまりに落ちる雨粒

エッセイ
水たまりに落ちる雨粒は、小さな波紋をたくさんつくります。 きれいな模様だなぁと見とれていると、だんだんと僕の頭の中は、 空っぽになっていきます。 少し頭が軽くなると、周りの風景が、より美しく見えます。 雨がいつ止むのかは・・・
水たまりに落ちる雨粒は、小さな波紋をたくさんつくります。 き・・・
梅雨空

エッセイ
  梅雨空というのは、何だか暗いイメージがありますが、 この時期にしか味わうことの出来ない空気感は貴重です。 「じめじめ」とか「どんより」という言葉で表現されるこの季節、 大きく深呼吸して『ラン、ラン、ラン』と・・・
  梅雨空というのは、何だか暗いイメージがあります・・・
詩を書く時

エッセイ
詩を書く時、僕は出来るだけ 難しい言葉を使わないようにしています。 言葉に頼り過ぎないようにするためです。 詩としての魅力は、どんな言葉を選択するかではなく、 その人が感じている世界観を伝えることだと思っているからです。・・・
詩を書く時、僕は出来るだけ 難しい言葉を使わないようにしてい・・・
アジサイの花

エッセイ
  アジサイの花は、にこにこ笑っているようなイメージがあります。 丸い形が可愛らしくて、見ているだけで笑顔になります。 曇っている日にこそ、輝いて見えるなんて、何だか素敵です。 雨雲におおわれた空の下で、誰かを・・・
  アジサイの花は、にこにこ笑っているようなイメー・・・
外の景色を眺める

エッセイ
同じ窓から見る景色は、代わり映えしないように 思われるかもしれません。 それでも僕は、いつもウキウキ気分で外の景色をながめています。 変わらないからいいのです。 同じ場所にある建物や木々、そして似たような行き交う人々や車・・・
同じ窓から見る景色は、代わり映えしないように 思われるかもし・・・
笑ってしまえるぐらいの失敗

エッセイ
笑ってしまうくらいの失敗は、失敗と呼ばないのかもしれません。 何を失敗ととらえるのかは、本人の自覚と、周りの雰囲気で決まるものではないでしょうか。 成功も失敗も、すべて途中経過だととらえれば、失敗を恐れず、成功におごらず・・・
笑ってしまうくらいの失敗は、失敗と呼ばないのかもしれません。・・・
夢の実現

エッセイ
  みんなが笑って過ごせる世界なんて、 夢なのかもしれないけれど、 それを目指す世界は、 夢なんかじゃない。 夢の実現は、 いつも、目標をかかげることから始まる。 本日のnote記事
  みんなが笑って過ごせる世界なんて、 夢なのかも・・・
昔は良かった

エッセイ
  「今の若い人は」という話を、よく聞きます。 いつの時代でもそうです。 そして、それは、大抵あまり、いい話ではありません。 「自分たちの時は、こんなに頑張っていた。それなのに……」という非難も加わるからです。・・・
  「今の若い人は」という話を、よく聞きます。 い・・・
雨の日

エッセイ
雨の日の運転は、みんなが慎重になります。 ゆっくり、ゆっくり、右見て、左見て。 気をつけて、危ないよ。 ほら、ほら。 同乗しているみんなが運転手になったみたいに、 車の中がにぎやかです。 本日のnote記事 ※2019年・・・
雨の日の運転は、みんなが慎重になります。 ゆっくり、ゆっくり・・・