Blog
ブログ
これがいいのだ
エッセイ

雨が降りそうで降らない時、

「雨が降らなくてよかった」と思うのか、

「雨が降りそうでいやだなあ」と思うのか、

どちらでしょう。

良い方向に考えるのか、悪い方向に考えるのかによっても、

気分は浮き沈みします。

これでいいのだ。

これがいいのだ。

いつもそんな風に思っていたいです。

本日のnote記事

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!

コメント
  • 1:名前:hiro : 2019/06/03(月)

    私も「これでいいのだ」「これがいいのだ」で頑張ります!
    声に出すとほんとに少し前向きになれますね。

    • 2:名前:higashida : 2019/06/03(月)

      hiroさんへ

      言葉が気持ちを後押ししてくれることがあると思います。

      東田直樹

  • 3:名前:トオル : 2019/06/03(月)

    「これでいいのだ」「これがいいのだ」
    サラリーマンをしていた頃は、絶対に口にできなかった言葉。
    福祉施設を利用している今なら…自然に言えそうです。

    • 4:名前:higashida : 2019/06/03(月)

      トオルさんへ

      状況が変わることで胸に響く言葉も変わるかもしれません。

      東田直樹

  • 5:名前:ららみ : 2019/06/02(日)

    東田さん こんにちは♪
    毎日、記事の更新をありがとうございます。
    いつも楽しみに拝読しています。

    「これでいいのだ」は、
    あの有名な「バカボンのパパ」の名言ですが、
    この言葉には、実に深い意味があると思います。
    全てを受け止め、容認する懐の深さを感じるからです。

    何か失敗をした時、受け入れたくない事態が起きた時、
    「これでいいのだ。」と呟いてみると、
    ふっと心が軽くなることがあります。

    まだお若い東田さんが、
    バカボンのパパの存在を御存知であるかどうかは分からないのですが、
    「これがいいのだ」にも、同様な意味がありますね。

    いや、「これが」と言っている分、「これで」よりも、強い意志を感じます。
    より一層、前向きのニュアンスが含まれているような感じでしょうか。

    なんとなく辛い時、
    「これでいいのだ。」「これがいいのだ。」と呟いてみるのは、
    気持ちを楽にするためには良い方法かもしれません。

    • 6:名前:higashida : 2019/06/02(日)

      ららみさんへ

      そうですね。気持ちが楽になる言葉を持っていると自分で自分を追い込み過ぎることがないのかもしれません。

      東田直樹

  • 7:名前:まるこ : 2019/06/01(土)

    ネガティブな方に考えてしまうことが多い私ですが、東田さんのブログを見ることでいつも少しポジティブな気持ちになることができます。
    いつもブログ楽しみにしています。

    • 8:名前:higashida : 2019/06/01(土)

      まるこさんへ

      ポジティブになれるとおっしゃってくださって、うれしいです。

      東田直樹

  • 9:名前:きみ : 2019/06/01(土)

    自分で選んできた人生なのにあの時こうしてたら… と過去の事をくよくよ思う私です。

    これでいいのだ。これがいいのだ。

    ですね。いつも気付きをありがとうございます。

    • 10:名前:higashida : 2019/06/01(土)

      きみさんへ

      後悔しない人生はないような気がします。
      だからこそ、人は前向きでいたいのだと思います。

      東田直樹

  • 11:名前:おはぎ : 2019/06/01(土)

    これがいいのだ。
    本当にそうですね。
    くるくる変わる気分の浮き沈みは、
    自然同様おもしろいものです。

    実際に今日浮かんだのは、
    「蛍が飛びそうな空だなぁ…」
    でしたけど。

    • 12:名前:higashida : 2019/06/01(土)

      おはぎさんへ

      「蛍が飛びそうな空」というのは、素敵ですね。

      東田直樹

ご意見・ご感想をお願いします。