Blog
ブログ
寄り添う

エッセイ

 

悲しいことがあった時に慰めの言葉以上に大切なのは、

寄り添うことではないでしょうか。

どんな言葉も、心に響かない時期があります。

それでも、自分のことを考えてくれた人のことは、

記憶に残ると思います。

あの時、ひとりではなかった。

そんな思い出が、生きていく自分を肯定するために、

必要になる日が来ます。

本日のnote記事

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!
コメント
  • 1:名前:美由紀 : 2019/07/20(土)

    先日、悲しいことがありましたが
    寄り添ってくれた人のおかげで
    また立ち上がることができました。
    そのことは、決して忘れることのない
    大切な記憶として
    ずっと、わたしの中に残ると思います。

    直樹さん、いつも、ありがとうございます。

  • 2:名前:匿名 : 2019/07/20(土)

    あたしね
    がんばったんだ
    大変だったの
    まいにち まいにち
    ひとりぼっちでね

    嫌な顔されたり
    誤魔化されたり
    陰口叩かれたりしてね
    信頼したかった人達だったから
    本当はすごく悲しかったんだ

    でもね
    負けずに
    踏ん張ったよ
    そうしたら
    少しだけ
    見えてきたよ
    本当のこと
    知りたくはなかったけどね

    これからどうなるのか
    まだよく分からない
    だけど
    少なくとも
    今そこにいる
    君は優しい人なんだって
    分かったし
    他にも
    あたしのこと
    間違ってないよ
    頑張ってるよって
    思ってくれる人も
    いるのかもしれない

    負けずに突き進んでいけば
    きっと きっと 
    届けたい誰かに
    わかってもらえる日が
    やってくるよね
    きっと また
    その日まで

ご意見・ご感想をお願いします。

頑張ったね

エッセイ

 

こんな風に生きたいと理想を掲げられるのは、何歳くらいからでしょうか。

僕はまだ、自分の人生について、具体的なビジョンがあるわけではありません。

僕と同年代の人たちの多くは、同じではないでしょうか。

これからどう生きたいか、それを考える時間と空間があることが、どれだけ贅沢なことなのか自覚しなければなりません。

どんな人の人生においても、幸福への一本道など存在しないということを、大人になって知りました。

しかたないことですが、命を与えられた日から決まっていたことです。

それでも僕は「頑張ったね」と自分を褒めてあげられるような毎日を送りたいと思っています。

本日のnote記事

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!
コメント
  • 1:名前:名無し : 2019/07/20(土)

    「頑張ったね」と自分を褒めてあげられたら、
    自分以外の人の頑張りにも気が付ける
    そんな自分になれるような気がします。

    そして、今ある自分の環境に
    感謝すること、
    忘れないようにします。

    • 2:名前:higashida : 2019/07/20(土)

      名無しさんへ

      自分の一番の味方は自分ではないかと思うのです。

      東田直樹

  • 3:名前:まる : 2019/07/19(金)

    自分が幸せになるために
    生きて良いんですよね。
    でも自分だけが幸せになりたい
    という訳でもない。
    自分らしい幸せの形に近づけるよう、
    道を選んで生きていきたいです。
    流されがちなので気をつけながら。

    • 4:名前:higashida : 2019/07/20(土)

      まるさんへ

      自分らしい幸せな生き方を僕も見つけるつもりです。

      東田直樹

  • 5:名前:domiso : 2019/07/19(金)

    東田さん

    これからどう行きたいかを考える時間と空間がある事の有難さ、、、本当にその通りですね。

    今日もありがとうございます(^^)

    • 6:名前:higashida : 2019/07/19(金)

      domisoさんへ

      考えることのできる環境に僕も感謝したいです。

      東田直樹

  • 7:名前:匿名 : 2019/07/19(金)

    さあ立ち上がれ
    君のために
    皆のために
    僕のために
    未来のために

    辛く苦しいのは
    僕だけじゃなかった
    隣の君もそうじゃないか

    負けるな
    目をそらすな
    諦めるな

    僕にしか
    君にしか
    できないことはきっとある

    僕にしか
    君にしか
    できることはきっとある

    共に歩いていこう
    友よ
    さあ立ち上がれ

    • 8:名前:higashida : 2019/07/19(金)

      匿名さんへ

      みんな今いる場所で一生懸命に頑張っているのだと思います。

      東田直樹

  • 9:名前:はる : 2019/07/19(金)

    毎日孤独に生きていると感じていましたが、
    東田さんの本に出会い、世界の美しさに気がつくようになり、
    今日学校で東田さんのDVDを見ました。
    東田さんの紡ぐ一つ一つの言葉に心奪われ、東田さんの感じている世界に感動し、涙が止まりませんでした。

    • 10:名前:higashida : 2019/07/19(金)

      はるさんへ

      どうも、ありがとうございます。
      生きるって大変なことですが、一度きりの人生を自分らしく送りたいです。

      東田直樹

  • 11:名前:さちほ : 2019/07/18(木)

    お日さまに向かうひまわりと幸せを求める直樹さんの生き方がよく似ているような気がします。
    日々、光の方に向かって。

    • 12:名前:higashida : 2019/07/19(金)

      さちほさんへ

      背を向けたくなる時もありますが、心はいつも光を見ていたいです。

      東田直樹

ご意見・ご感想をお願いします。

ハートの葉っぱ

エッセイ

ハートの葉っぱが風にゆれた

もうすぐ夏本番

いいね いいね

光にふれて 大空につるが伸びる

手探りでもいい

太陽の下で思いっきり背伸びしたい

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!
コメント
  • 1:名前:名無し : 2019/07/19(金)

    泣きながら、
    悔しがりながら、
    がっかりしながら、
    今いる場所で
    背伸びをしてみました。

    清々しくなりました。
    少しだけれど
    笑顔になりました。

    よく考えみたら
    私たちは、みんな太陽の下にいますね。

    直樹さん、いつもメッセージ
    ありがとうございます。

    • 2:名前:higashida : 2019/07/19(金)

      名無しさんへ

      太陽は、いつも平等に、僕たちに光を注いでくれています。

      東田直樹

  • 3:名前:domiso : 2019/07/18(木)

    東田さん

    つるが支えなしには上に伸びることができないように、私たちも誰かの支えなしでは上に伸びてはいけません。
    植物はその生き様で私たちに気付きを与えてくれます。
    東田さんもあなたの生き様で、私を含む沢山の方々に気付きを与えてくださっていること、感謝します。

    今日も一日頑張ります(^.^)

    • 4:名前:higashida : 2019/07/18(木)

      domisoさんへ

      僕も支えて下さる方々に感謝して、今日も一日頑張ります。

      東田直樹

  • 5:名前:美由紀 : 2019/07/18(木)

    ふたつの葉っぱは寄り添って
    一緒に伸びていけるといいな
    と思いました。

    • 6:名前:higashida : 2019/07/18(木)

      美由紀さんへ

      周りの葉っぱもみんな一緒に成長できるといいですね。

      東田直樹

  • 7:名前:匿名 : 2019/07/17(水)

    私は知らなかった
    あの子は
    毎日毎日
    心の悲鳴をあげていた

    私は知らなかった
    あの子は
    子供から
    大人から
    無数の言葉のナイフで
    傷つけられていた

    私は知らなかった
    あの子は
    いつも一人で
    戦っていた
    戦い方なんて
    ちっとも知らないはずなのに

    私は知らなかった   
    私は知らなかった
    私は知らなかった

    • 8:名前:higashida : 2019/07/18(木)

      匿名さんへ

      僕もずっと傷ついてきました。

      東田直樹

ご意見・ご感想をお願いします。

どちらも

エッセイ

たいくつな日々は、

僕に余裕を与えてくれるけれど、

忙しい日々は、

僕を成長させてくれる。

どちらがいいなんて決められない。

どちらも僕の人生だから。

本日のnote記事

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!
コメント
  • 1:名前:domiso : 2019/07/17(水)

    東田さん
    ずっと忙しくしていると、退屈な時間は貴重な休憩時間になる。
    ずっと退屈していると、忙しい時間は嬉しい時間になる。
    どちらもバランスよくあるといいんだけど、そのバランスは人それぞれ・・・
    因みに私は、週に3日お休みが欲しいです(^_-)-☆

    • 2:名前:higashida : 2019/07/17(水)

      domisoさんへ

      バランスは大事ですね。人それぞれというご意見にも共感します。

      東田直樹

  • 3:名前:名無し : 2019/07/17(水)

    自分の中のいろんな部分も、
    良いところ、悪いところ
    というふうに言ってしまいますが、
    ただそういうところがある
    というだけで
    良いも悪いもないのかも知れませんね。
    いろんなところ、
    全部で私なのかぁ。

    • 4:名前:higashida : 2019/07/17(水)

      名無しさんへ

      良い悪いという価値判断も人によって違うのかもしれません。

      東田直樹

  • 5:名前:匿名 : 2019/07/17(水)

    信じたかったのに
    信じたかったのに
    信じたかったのに

    だめだった
    何もかも
    罠だった
    嘘だった

    にこにこ笑顔で
    一緒に涙を流して
    大丈夫、大丈夫って
    あなた言ったじゃない

    もう信じられない
    もう信じられない
    もう信じられない

    さようなら 
    昨日までのあなた
    さようなら
    昨日までのわたし
    さようなら

    • 6:名前:higashida : 2019/07/17(水)

      匿名さんへ

      心の傷は、やがて癒やされる日が来ると思います。

      東田直樹

  • 7:名前:Rin : 2019/07/16(火)

    直樹さん、こんばんは。

    作家の直樹さんにとって、どちらも大切な日々なのですね。

    • 8:名前:higashida : 2019/07/17(水)

      Rinさんへ

      そうなのだと思います。

      東田直樹

ご意見・ご感想をお願いします。

ユリの花

エッセイ

ユリの花がゆっくりと開花しています。

その時に目で見てもわかりませんが、1時間ごとに見てみる

と、だんだんと花が大きく開いているのに気づきます。

1時間前の自分と今の自分は何も変わっていないのに……

すごいことです。

確実に時間は過ぎていく。

命あるものは、自分の役割りを果たしていく。

どうしたら幸せになれるのか。

それを考えられるのが、幸せなのかもしれません。

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!
コメント
  • 1:名前:名無し : 2019/07/16(火)

    いつも変わらなきゃって
    追い立てられてたり
    自分を追い立てたり。

    でも、自分が変わっていなくても
    自分の周りは少しずつでも
    変わっていくのですね。

    ちょっと立ち止まって
    周りの変化に
    気付いてみたいです。

    もしかしたら、
    私は幸せのど真ん中に
    いるのかも知れませんね。

    • 2:名前:higashida : 2019/07/16(火)

      名無しさんへ

      周りの変化が自分の心にいつも刺激を与えてくれます。

      東田直樹

  • 3:名前:まる : 2019/07/16(火)

    確実に時間は過ぎていく、
    自分の役割を果たしていく、
    その二つが私の中ではリンクしていませんでした。
    そうですね。確かにその時その時で
    果たすべき役割というのがあるのかも知れません。
    そういうことも考えながら生きたいな、
    と思いました。

    • 4:名前:higashida : 2019/07/16(火)

      まるさんへ

      当たり前のような時間こそ、大切なものだということに
      僕も気づきました。

      東田直樹

  • 5:名前:かずまま : 2019/07/16(火)

    ユリの花、きれいですね。
    心が和みます。
    花を見ていると優しい気持ちになります。

    先日、私の母が育てている月下美人が1年に一晩だけ咲きました!
    直樹さんと同じで私の母も一時間毎に花を見つめ写真を撮り見せてくれました。

    1年に一晩だけ咲く花の儚さにとても強さを感じました。
    そして生きている幸せも感じました。
    私も頑張ろうと思います。

    • 6:名前:higashida : 2019/07/16(火)

      かずままさんへ

      花から教わることは、とても多いです。
      月下美人が見られるなんてうらやましいです。

      東田直樹

  • 7:名前:domiso : 2019/07/16(火)

    ゆりやばらのような華やかな花じゃなくても、人知れずひっそりと咲いて散っていく花たちでも、誰に認められる事がなくても、その限られた時間の命を一生懸命生きている。

    今1人で孤独でも、これまでの命の繋がりなしに自分は存在しないことを知っているから。
    東田さんの言葉からこんな事を思いました。
    いつもありがとうございます。

    • 8:名前:higashida : 2019/07/16(火)

      domisoさんへ

      与えられた命を全うすることが生きている者たちの役割だと思います。

      東田直樹

  • 9:名前:ひろえ : 2019/07/15(月)

    いつも
    いつも
    東田直樹さんの
    文章に
    と、いうより
    言葉に
    心が穏やかにしていただいてます、

    時として かなしく
    儚い気持ちになったり
    もします
    自分の奥底の眠っている感情が出てきます、

    • 10:名前:higashida : 2019/07/16(火)

      ひろえさんへ

      人の思いというものは、言葉によって気づかされるのだと思います。

      東田直樹

ご意見・ご感想をお願いします。