Blog
ブログ
脳を守る

エッセイ

ずっと心配ばかりしていると

悲しい気分になります。

心配ごとがなくなることはなくても、

気持ちが上向きになれば

少しは気分がよくなるでしょう。

気分転換の方法は人それぞれですが、

僕の場合は眠ることが一番です。

脳が疲れるのを避けるためでしょう。

脳の状態に振り回されながら、

僕はいつも脳を守っています。

 

note更新しました。

2021年5月17日のnoteは

映画「僕が跳びはねる理由」を映画館で見ました。(その3)です。どうぞよろしくお願いします。

 

映画「僕が跳びはねる理由」日本語吹替版の配信決定しました。
5/28(金)より6/24(木)までシネマ映画.com にて配信されます。よろしければご覧ください。

シネマ映画.com – 話題の新作から世界の名作まで オンライン上の映画館 (eiga.com)

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!
コメント
  • 1:名前:Jacques : 2021/06/19(土)

    Bonjour Naoki ,

    Merci d’avoir partagé ce que vous vivez de l’intérieur .

    Il y a certaines choses , que parfois je reconnais chez moi , comme l’habillement quand il fait chaud .

    A bientôt Naoki .

    Jacques de Belgique .

  • 2:名前:たかの : 2021/06/13(日)

    直樹さんこの頃更新ないわ…と思っていたら、noteやTwitterにありました。

    私は、『僕が跳びはねる理由』を公開から10日後くらいに映画館で観ることができました。
    プログラムも購入して繰り返し読んでいますが、個人的には金原さんがインタビューしてくださっていることに感激しました。
    又、先日偶然目にした、映画評論の和田隆さんが6/1に書かれた内容に、うんうん頷きながら読ませていただきました。
    “普通”とは異なる世界の感じ方に気づかせてくれるドキュメンタリー。
    「言いたいことが言えない生活を想像できますか?」という問いかけ。

    世界中のすべての人に観て知っていただけたらな。。。
    願いのような気持ちで、そう思います。

  • 3:名前:灰色猫 : 2021/05/31(月)

    note読ませていただきました。
    そうですね、怒ってるように見えて必死に涙をこらえていたり、穏やかに笑っていてもむなしかったり、いつも見た目と心の中が同じでないのは誰もが同じですね。

    自閉症と自閉症でない人
    障がい者と健常者
    話せる人と話せない人

    そんなふうに区別して分類してしまうことで、「違う」「わからない」と難しく考えすぎちゃうのかもしれません。

    あるのは、
    あなたとわたし
    という違いだけ。

    障がいや病気やその他さまざまなものを持っていたとしても、誰もが「わたしというひとりの人間をみてほしい」と願うだろうと思います。

    シンプルに考えるのを邪魔するのは、区別しすぎる自分の心なんだろうな。
    映画、観てみたいです。
    東田さん、たくさんの大事なことを教えてくれてありがとう。

  • 4:名前:統合失調症患者 : 2021/05/28(金)

    眠ることは現実の辛さから逃げることでもあるけれど、それは卑怯なことではないと思います。尤も夢の中で何者にも追いかけられなければ脳がゆっくり休まることは言うまでもありません。

  • 5:名前:カノン : 2021/05/25(火)

    大好きで大ファンの宮崎駿先生のスタジオジブリでのドキュメンタリーの中で、デッサンしたり着彩したり…etc机に向かって描いていらっしゃるペンをパッ!と置いて時間に関係なく🌤✨🌙『寝る!』と言って別の部屋へ行かれていたお姿…何回かありました事☘思い出されます。 
    茂木健一郎さんも気分転換には眠ることは良い事だと言ってらっしゃと思います。
    小さな子はワンワン泣いて泣き疲れてスヤスヤ眠って、目覚めた時はさっきの事はすっかり忘れて元気になって別のことに夢中になっています。
     大人も悲しみや辛さ悩みなどetc…思考の迷路に入り込んで脳内を歩き疲れる?と脳が『休もうよ💤』と眠りに誘うのかもしれませんね 
    目覚めた後は新しい思考の道が開けてる…
    未来が待っているから

  • 6:名前:Ryosuke : 2021/05/24(月)

    東田さんの書籍を何冊か読ませていただきました。
    とても、感銘と衝撃を受けました。

    私はこれまで健常者の世界で生きてきて、自閉症、障害者の方々は可哀想、としか正直思えませんでした。

    ただ、子どもが産まれて暫く経ち、自分の子どもに自閉症の疑いがあり、その子と自分達は何て可哀想なのだと思い、泣きました。
    でも私はなんて愚かだったのだろうと、色々なことを調べ、そして東田さんの書籍に出会い、気付けました。

    自閉症の方、自閉症でなくとも障害があり、表出できない事情がある場合にも、受け止め方が違うだけで、幸せを感じ、悲しみを感じ、色々な受け止め方、考え方をしているという当たり前のことを気づけました。

    ミッチェルさんが東田さんに伝えたように、東田さんは自閉症の内なる思いを表出し、伝えてくれた、ヒーローだと思います。

    我が子が自閉症であろうとなかろうと心から愛し、そして、障害を持つ人々のことを考え、誰もが生きやすい社会になるべく、私は私の仕事を頑張ろうと思いました。

    東田さんのように綺麗な文章が書けませんが、どうしても感謝を伝えたくてこのコメントの場を借りました。

    これからも、応援していきます。
    書籍、ブログ楽しみにしています。

  • 7:名前:kashima tomomi : 2021/05/23(日)

    今日美容院に置いてあるストーリーという
    雑誌で僕が跳びはねる理由が新宿で放映されるという記事を読みました。
    コロナ禍の中、観に伺えないと思ってましたが、28日から配信される↑んですね。
    楽しみにしております。

ご意見・ご感想をお願いします。

気持ちを表す言葉

エッセイ

僕はできるだけ自分の気持ちを言語化しようと

努力していますが、世の中には気持ちを表す言葉が

それほど多くないのはどうしてだろうと

不思議に思っていました。

けれども、それでいいのだと考えるようになりました。

数が少ないからこそ、想像する範囲が多くなります。

説明し過ぎない利点は、相手のことを思いやることでは

ないでしょうか。

note更新しました。

2021年5月14日のnoteは

「僕が跳びはねる理由」を映画館で見ました(その2)です。

どうぞよろしくお願いします。

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!
コメント
  • 1:名前:sora : 2021/06/05(土)

    気持ちって心の一部だから、言語化できなくても想像できるっていいですね。
    心が見えないから、人も気持ちが分からないって、よく言われますけど、私は心が見えなくてよかったって思います。
    東田さんのように、想像したり、思いやったりできますから。そうすることは、心を養うことだと思うんです。
    こんな言葉を読みました。「心に満ちあふれているものが口から出るのです」
    心にあるものがおのずと滲み出て来るのですね。口からとありますが、表情や振る舞いや雰囲気に滲み出てきます。
    言葉はとっても素敵な表現方法ですけど、その人の醸し出すものが、心を現すっていうのも、素敵だなあって思います。
    心をきれいにできますように。

  • 2:名前:カノン : 2021/05/25(火)

    友達とよく『言葉って不自由だね…』って話しています。 言葉に出来ない感覚っていっぱいあるから…✨だから絵を描いたり造形して物や色彩で自分の中に有る言葉で表現しきれない目には見えないコトを、文字と同じレベルに…目に見える物理的なモノで表現して他の人に伝えようとするのだと思います。
    『共感』した人には文字や言葉と同じくらい理解してもらえると思う💖
    建築や洋服、小説家、絵かきetcみんな自分の中何かを感覚的に表現している

  • 3:名前:すーさー : 2021/05/17(月)

    こんにちは。
    映画見ました。
    私にも言葉を交わせない親友がいます。
    週に1度一緒に散歩したり、一緒にアイス食べたり。
    あたりまえの時間でした。もう1年。大事な時間はなくなりました。
    また一緒に。早く。ずっと思ってます。

  • 4:名前:灰色猫 : 2021/05/16(日)

    今日のnoteの文章、すごく心に残りました。読めてよかったなって。

    私たちはどうして意味づけしたがるんだろう?意味づけすると安心するからかな、きっと。
    でも、相手の気持ちはその人にしかわからない。こちらが意味づけしたことが違っていたとしたら?それを相手が伝えられないとしたら?きっとその人は苦しいだろうな。

    相手の気持ちを想像して思いやることと、勝手に意味づけすること。2つの線引きは難しいな。いろいろ考えさせられました。東田さんにしか書けない文章だと思いました。これからも、こういう言葉を私たちにたくさんきかせてください。

  • 5:名前:のんたん : 2021/05/15(土)

    なるほどそうですね。表情だったり動作でも思ってる気持ちを伝える事も出来るのかも…
    心の中でその人の幸せを祈るしか出来ない事もあります。亡くなって会えない人を思うと天国でその人の頭に綺麗なお花が💐降りそそぐと聴きました。もう会えないけどいつまでも思ってるよって伝わるといいな。いっぱいお花が降りそそぎますように!

ご意見・ご感想をお願いします。

おもしろい現象

エッセイ

遠くの景色を目にすることで、

自分がちっぽけな人間に思うこともありますが、

自分が偉くなったような気分になることもあります。

考えてみればおかしな話ですが、

同じ景色を見て同じ人間が

反対のことを考えるのは面白い現象だと思います。

 

note更新しました。

2021年5月12日のnoteは

「僕が跳びはねる理由」を映画館で見ましたその1

です。どうぞ、よろしくお願いします。

 

映画「僕が跳びはねる理由」日本語吹替版の配信決定しました。
5/28(金)より6/24(木)までシネマ映画.com にて配信されます。※字幕版は映画館にて引き続き上映されます。
よろしければご覧ください。

シネマ映画.com – 話題の新作から世界の名作まで オンライン上の映画館 (eiga.com)

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!
コメント
  • 1:名前:hiro : 2021/05/13(木)

    日本語吹き替え版も見てみたいです。

ご意見・ご感想をお願いします。

気にしなくていいよ

エッセイ

「気にしなくていいよ」と言われても

気になるときは、自分以外の人だったら

と思うようにしていますが、

それでもダメな時には、あきらめて

気になる自分を受け入れます。

永久に同じ事態は続きません。

時間の経過とともに、自分だけではなく、

みんなが変化するからです。

時間が解決してくれることも

あるのではないでしょうか。

 

note更新しました。

2021年5月7日のnoteは

「光を見てと言ったのに」です。

どうぞよろしくお願いします。

 

映画「僕が跳びはねる理由」の吹き替え版の配信が

決定しました。

5/28(金)より6/24(木)まで

シネマ映画comさんで配信されます。
よろしければご覧ください。

 

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!
コメント
  • 1:名前:統合失調症患者 : 2021/05/09(日)

    時間が解決してくれることもあれば、時間が経過すればするほど忘れ去ることが出来ず心の傷が痛みを増すこともあります。時間の経過と共に時代は変わるのであれば自分にとって都合の良い時代が訪れるのを静かに待つというのも許されるのでしょうか?

  • 2:名前:のんたん : 2021/05/09(日)

    生きてる限り失敗はつきものです。時間は優しい…自分が悩んでいる程周りの人は気にしてないし、ちょっとくらいの失敗をする人の方が可愛いい。今日は母の日、完璧なお母さんも素敵だけど、失敗ばかりしてるお母さんも大好き…自分の弱さを知ってると周りの人に優しくなれるから。

  • 3:名前:河上昌樹 : 2021/05/07(金)

    こんばんは。
    「気にしなくていいよ」
    今日まさに、職場で言われた言葉です。
    この記事を読ませていただいて、心が楽になりました。
    ありがとうございます。
    映画配信の件、SNS等で紹介させてくださいね。

ご意見・ご感想をお願いします。

真剣な表情

エッセイ

真剣な表情をした人を見ると、

思わず息をのんでしまいます。

それは、どうしてだろうと考えてみましたが、

その表情が変わる瞬間に何が起きたか

知りたいからではないかと思うようになりました。

危機に直面した時、人間の本質が表れます。

人が見たいのは、危機にどう対応するか

という以上に、危機から脱した時の

ほっとした瞬間だと思うのです。

 

note更新しました。

4月21日のnoteは「よく晴れた日には」です。

よろしければご覧下さい。

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!
コメント
  • 1:名前:カノン : 2021/05/03(月)

    生きる事に疲れ果てると自然と…いつの間にか🌱いつも直樹君のブログをフッ☁️と開いている。
    そこには純粋で自分の中に湧き出す様々な思いに素直で正直な直樹くんの✨あたたかな心がいつも広がっている。
    文字を追って行くと、まるでカステラに温めたリキュール酒を沢山かけた時の様に、それまでの私の考えや心がアッと言うまに溶けて身も心もホッとするのが感じれ、そして一瞬で未来に明るい光🌟希望的思いや考えが湧き『生きよう!』と思えるようになっている…いつも本当に…不・思・義🌟
    下を向いていた私に直樹くんの腕がスッと差し出され、その手を握った途端力強く引き上げられ、観てごらん✨まだ未来には青空と広い世界があるんだよ!と言われたように明るくなっている自分がいる…🍀本当に不思議

     読み終わると何時も同じことを思う
       いつも同じ言葉が湧き出す
        『直樹くんありがとう』
         ー感謝を込めてー

ご意見・ご感想をお願いします。