Blog
ブログ
今年一年どうもありがとうございました

エッセイ

 

一年の終わりは寂しくて、僕はひとりぽつんと

取り残されたような気分になります。

誰かに悪口を言われたわけでも、

仲間はずれにされたわけでもないのに、

いつも以上に孤独を感じるのは不思議です。

人の記憶の中には

「始まり」と「終わり」があって、

始まりは明るい背景、終わりは暗い背景に

彩られるように感じるのはなぜでしょう。

「僕は後悔していないだろうか。」

毎年12月31日にはそんな漠然とした

落ち着かない気持ちを抱え、

年越しそばを食べます。

今年一年本当にありがとうございました。

応援していただいて心から感謝しています。

よいお年をお迎えください。

 

Twitterやっています。よろしければご覧ください。

東田直樹Twitter

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!
コメント
  • 1:名前:hirq : 2022/01/04(火)

    終わって、そして始まりましたね
    今年もご活躍をお祈りしています 
    Twitter いつも楽しみに拝見しています

  • 2:名前:河上昌樹 : 2022/01/01(土)

    あけましておめでとうございます。
    昨年も、大きな気づきをたくさん与えてくださり、ありがとうございました。
    子育てに関して言えば、僕は後悔の連続でした。
    そしてそれは、きっとこの世を去る時まで持ち続けるだろうなと思っています。
    でも、こんな父親なのに、子どもたちはみな本当に優しくて素敵な大人に育ってくれました。
    それだけで、涙が出てきそうになります。
    まだまだ寒い日が続きます。
    直樹さんやご家族の方々も、くれぐれもお体を大切になさってくださいね。
    今年もよろしくお願いいたします。

  • 3:名前:y : 2021/12/30(木)

    今年もお疲れ様でした。先生の文章に救われたり優しい気持ちにさせていただいたり
    幸せな一年でした。寒いのでご自愛ください。

  • 4:名前:みゆき : 2021/12/30(木)

    終わりにも
    始まりがあって
    今年最後の始まりを
    穏やかに過ごす
    感謝の日。

    今年一年お疲れ様でした。
    心に届く言葉をたくさん
    ありがとうございました。

    よいお年をお迎えください。

ご意見・ご感想をお願いします。

講演会でよく聞かれる質問

エッセイ

 

講演会でよく聞かれる質問としてパニックの対応があります。

自閉症の人がパニックを起こした際、側にいる人が泣いたり、怒ったり、声をかけたり、何かをすることで、それが刺激になり余計パニックがひどくなることは、よく知られていることだと思います。僕もそうです。だからパニックになっても、周りにいる人にはいつも通りでいてもらった方が、早く収まることが多いです。

講演会で母や参加者が何を話しても、僕が嫌な気持ちになることはありません。講演会で正直な思いやお互いの意見を交換することは、意味のあることだと思っているからです。

 

オンライン講演会は地方自治体主催の人権講演会や

施設主催で登壇させていただくことが多いです。

今年、登壇させていただいたKADOKAWAセミナーには来年も登壇する予定です。

機会があれば、オンライン講演会にご参加いただければ嬉しいです。

 

※Twitterやっています。よろしければご覧ください。

東田直樹Twitter

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!
コメント
  • 1:名前:ゆき : 2021/12/24(金)

    自閉症の息子がいます。今年は彼にとって収穫の年で、できることがぐんと増えました。主治医の先生に、お母さんも、彼をよく見てがんばったね。と言っていただきましたが、私は東田さんのおかげだと思っています。なぜかというと、東田さんがずっと、みんな心のなかでいろんなことを考え抜いているからそれを知ることをあきらめないで、と言ってくださっているから。私はそれを知りたくて、彼を理解するためのツールを探し続けるのです。

ご意見・ご感想をお願いします。

Forbes JAPAN「世界を変える30歳未満の30人」に選ばれました

エッセイ

「フォーブス ジャパン(Forbes JAPAN)」が毎年開催している世界を変える

30歳未満の30人「30 UNDER 30 JAPAN 2021」に選ばれました。

これまで応援してくださった方々のおかげです。本当にありがとうございました。

僕は言葉の力を信じています。美しい文章は人を前向きな気持ちにさせるのではないでしょうか。

自分にしか書けない作品を生み出す努力をこれからも続けるつもりです。

今後とも、どうぞよろしくお願いします。

https://forbesjapan.com/30under30/2021/

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!
コメント
  • 1:名前:なおぼう : 2022/01/03(月)

    本当におめでとうございます!!

    東田さんは日本の誇りです✨

    これからのより一層のご活躍、
    心より楽しみにしおります!!

  • 2:名前:竹内万紀子 : 2021/12/15(水)

    おめでとうございます。言葉の力、世界にひろがるのですね。美しい言葉、大切にして、生ききりたい。これからも、陰ながら応援させて下さい。おめでとうございます🎉

  • 3:名前:カノン : 2021/10/30(土)

    毎年、News weekで『世界が尊敬する100人』というのが発売されて楽しみにしていたのですが、ペシャワール会の中村哲先生が選ばれた時も凄く嬉しく思いました。
    直樹くんがフォーブスの30人に選ばれたこともスッゴク嬉しい😊です。
    マイノリティーである事が個性的な感性と生き方…豊かな人生を創り上げていく…人間関係を築いていく…💕それが証明された様な感じでスゴク嬉しい。
    これから未来の世界はこれが当たり前なのだ🌟と皆んなが認め合って生きて行く世界が広がって行く🌎と思います。
    🍀直樹くん ありがとう 感謝
     感謝を込めて 

  • 4:名前:空と海 : 2021/10/29(金)

    おめでとうございます😊😊
    あたたかな東田さんの思いが言葉になって私達に届いています☺☺
    インタビューも拝読させていただきました😊😊
    子供が夢を語ってそして日々がんばっていくそんな世界になるといいなって心から思いました☺☺
    東田さんの本を読んでから
    自閉症児の4歳の息子にも大きくなったら何になりたい⁉️と最近聞くようにしました😊😊

    おいしゃさん、けいさつかん、しょうぼうしなどと、色々答えてくれます☺☺

    情けないことに、前までは息子に聞くことが恐かった自分がいました😣😣

    こんな親でも息子が夢を持ってくれているこの現状を喜びたいと思ってます😌😌

  • 5:名前:ららみ : 2021/10/29(金)

    おめでとうございます!

    ずっと以前から、東田さんのファンです。
    自閉症児達にピアノを教えているのですが、
    東田さんの御著書を読み、接し方が変わりました。
    自閉症当事者の、心の内が手に取る様に分かり、本当に勉強になります。

    また、自閉症とは関係無く、東田さんの文章が純粋に好きです。
    特に、「絆創膏日記」がお気に入りです。
    他の方々とは違う物の見方も素晴らしいですし、
    音読すると、得も言われぬリズムがあって、珠玉の一冊だと思います。

    これからも、東田さんにしか書けない文章を楽しみにしています。
    益々の御活躍をお祈り申し上げます。

  • 6:名前:統合失調症患者 : 2021/10/28(木)

    美しい文章が書ける人になるのは容易ではないと思います。だけど世界を変える高齢者をめざして障碍者ライフを楽しもうと思います。

  • 7:名前:河上昌樹 : 2021/10/26(火)

    おめでとうございます!!!
    良かったですね!!!
    これからも応援させてください。(^^♪

  • 8:名前:pore NAKAO : 2021/10/26(火)

    おめでとうございます。
    そうでした、まだ30歳未満でいらしたのですよね。
    東田さんのことに共感し、励まされます。
    これからのご活躍、楽しみにしております。

  • 9:名前:Hiroki Tanaka : 2021/10/25(月)

    おめでとうございます!いつもブログや本を拝見して、応援しております。

ご意見・ご感想をお願いします。

アンソロジー「障害をしゃべろう!『コトノネ』が考えた、障害と福祉のこと」が発売されます

エッセイ

2021年10月19日にアンソロジーの本が青土社から出版されます。

「障害をしゃべろう!『コトノネ』が考えた、障害と福祉のこと」という題名です。

社会を楽しくする障害者メディア「コトノネ」の

大好評連載『ぶっちゃけインタビュー』が書籍化されました。

雑誌『コトノネ』は全国の障害者施設、就労支援施設の経営改革に

関する様々な提案をおこなうことを目的に、2012年1月に創刊された季刊誌です。

「障害をしゃべろう」は上下巻で構成されていて、「地下水が聞こえる」というタイトルのインタビュー記事は僕が23歳のときのもので、上巻に掲載されています。

さまざまな方の福祉に対する考え方や人生観に触れることができ、この本でしか読むことのできない貴重な内容になっています。

よろしければ、ぜひご覧ください。

どうぞ、よろしくお願いします。

障害をしゃべろうアマゾン

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!
コメント
  • 1:名前:社会福祉法人かがやき神戸 利用者 : 2021/10/28(木)

    障がい者施設利用者及び職員、ご家族必読の一冊ですね。近日中に書店で購入しようと思います。

  • 2:名前:たかの : 2021/10/21(木)

    直樹さんが23歳の時のその『コトノネ』持ってます。
    今、再度掲載されることも含め、味わいたいと思います。
    楽しみです✨( ´◡‿ゝ◡`)💖✨✨✨

  • 3:名前:里見喜久夫(季刊コトノネ編集長) : 2021/10/19(火)

    東田直樹 さま
    もう6年前ですね。
    取材をさせていただいたのは。
    このたびも、転載にご協力をいただき、
    ありがとうございました。
    東田さんならではの「風景」を見せてください。
    わたしたちの「風景」をもっと広げるために。

ご意見・ご感想をお願いします。

映画「僕が跳びはねる理由」がBlu-ray&DVD化

エッセイ

映画「僕が跳びはねる理由」がBlu-ray&DVD化されました。

人はみんなひとりひとり違っていて、その人の心の中は誰にもわかりません。

わからないから想像するし、相手の気持ちを大切に想うのではないでしょうか。

違いを認め合う。それが、これからの社会に必要なことだという気がします。

映画館で見ることができなかった方や自宅で楽しみたい方々に

このDVDをご覧いただくことができたら、とても嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします。

映画「僕が跳びはねる理由」がBlu-ray&DVD

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!
コメント
  • 1:名前:カノン : 2021/10/23(土)

    直樹くんの本に☘目を合わせない方がいい…辛い…って感じで書いてあったと…、こういう感じ…とか✨こうしてくれた方が良い…とか言ってくれていたので。もし直樹くんや他の自閉症の人に出会ってお話しする事があった時には視線をそらし🌷近くの花や別の物を見ながら直樹くんとお話しさせて頂いた方のが良いのだな✨😊そうすればもしかしたらお話しさせて頂けるかも知れないな〜と1人で思っていたのですが…。写真を観た途端
    エッ😳!直樹くんがこっち見てる!
    直樹くんと目が…視線が!あってる!
    スッゴク嬉しい〜🎶 カメラ目線だけど…
    この写真🍀とっても良い❣️ 
    幸せそうな直樹くんが、サッパリとした清々しいヘアスタイルで写っている…なんか🍰苺のショートケーキをフォークで少し分けてもらった様な…幸せのお裾分けをして頂いたような感じになって🎶🌟ありがとう
    此のところいろいろな事がありすぎて…心身疲れていたので、フンワリゆっくり眠れそうです。  感謝をこめて

  • 2:名前:河上昌樹 : 2021/10/17(日)

    こんばんは。
    たった今、Amazonで注文したところです。
    たくさんの方に、ぜひ見ていただきたいですね。
    あと、Facebookやブログでも紹介させてください。

  • 3:名前:かおり : 2021/10/16(土)

    私は最近放課後等デイサービスで働き始め、自閉症に関する勉強をはじめたときに、東田直樹さんのことを知りました。そこから本もよみ、映画も見ました。私達とはちがう世界を見ている彼らの世界はとても自由で、とても美しいと感じました。大変なこと、さまざまな偏見で傷つくこともあると思いますが、とても純粋で地球全体の魅力に気付いている東田さんをはじめ、自閉症の方々をとても誇りにおもいました。素晴らしいです。テレビで「障害者は、体は不自由でも心は不自由ではない」とおっしゃってるひとがいました。
    人々が当たり前のようにそう認識して助け合える日々がくることを願っています。

ご意見・ご感想をお願いします。