Blog
ブログ
色のイメージ

エッセイ

好きな色は、人それぞれですが、

色のイメージは、ある程度共通するものがあるように思います。

どんな時に何色を使うかは、長い歴史の中で、

だんだんと決まってきたものではないでしょうか。

色だけで感情を伝えられるのは、おもしろいです。

本日のnote記事

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!
コメント
  • 1:名前:きみ : 2019/05/16(木)

    県外に住んでいた時に「にじみ絵」という手法の絵を習っていて「色」にとても癒し効果がある事を実感しました。。孤独感を感じる転勤族の日々でしたが、芸術は私の心を深い所で慰めてくれたなぁ…と懐かしく思います。

    • 2:名前:higashida : 2019/05/16(木)

      きみさんへ

      いろんな色があることを
      ふだんは気にしていないのに
      記憶の中には、
      さまざまな色があったことに僕も気づくことがあります。

      東田直樹

  • 3:名前:あきこ : 2019/05/16(木)

    私が海外で暮らしていた時、子供達の描く絵の太陽が黄色だったことに驚かされたことがありました。

    調べてみると、むしろ日本人のように、太陽を赤色で描く国の方が珍しかったことに、また驚かさました。

    諸説あるかと思うのですが、太陽の色の認識は、瞳の色(メラニン色素)、住む土地(赤道が近いか遠いか)、その国の言語や文化などから、それぞれ受け継がれてきたものなのだと、とても興味深く思い、是非、直樹さんにも伝えたいなと思いました。

    • 4:名前:higashida : 2019/05/16(木)

      あきこさんへ

      すごく興味深いです。
      僕も気づいたら、太陽を赤くぬっていました。

      東田直樹

  • 5:名前:まる : 2019/05/15(水)

    人に好きな色を聞くと、
    それだけでその人の雰囲気をイメージするから不思議です。
    それも色に対する感情のイメージがあるからでしょうか。

    東田さんの好きな色は何ですか?
    私はウルトラマリンブルーがお気に入りですです。

    • 6:名前:higashida : 2019/05/16(木)

      まるさんへ

      僕の好きな色は緑です。
      色のイメージというのは不思議ですね。

      東田直樹

ご意見・ご感想をお願いします。

誰のせいでもないくせに

エッセイ

 

ずっこけて
ひっくり返って
空を見る

なぁんだ
そうか
そうだよね
誰のせいでもないくせに
怒ってはいけないよ

空の彼方に目をやれば
一羽の鳥が飛んでいた

なぁんだ
そうか
そうだよね
僕は僕で 鳥は鳥

誰のせいでもないくせに
悲しんではいけないよ

誰のせいでもないくせに
こけたままではいけないよ

本日のnote記事

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!
コメント
  • 1:名前:美由紀 : 2019/05/15(水)

    新たなスタートきることで、
    あれは、誰のせいでもなかったのだと
    気づくのかもしれないと
    思いました。

    • 2:名前:higashida : 2019/05/15(水)

      美由紀さんへ

      スタートは、いつからでも切れますね。

      東田直樹

  • 3:名前:Leon : 2019/05/15(水)

    自分のせいだと、
    思いたくないから
    人のせいにする

    誰かとくらべふから、
    自分は失敗してないと、
    人のせいにする

    人のせいにするから、
    自分の可能性を狭め、
    悲しくなる

    悲しくなり、
    余計に自分を嫌いになる

    • 4:名前:higashida : 2019/05/15(水)

      Leonさんへ

      人のせいにすると、あまりいいことは思い浮かばないですね。

      東田直樹

  • 5:名前:あきこ : 2019/05/15(水)

    直樹さんは、起き上がり小法師って知っていますか?

    直樹さんのエッセイを読んで、ふと思い出し、調べてみました。何度でも起き上がる縁起物だそうです。

    転んでも何度でも立ち上がれる人は、幸せを呼び寄せる力があるのかもしれないと思いました。まるで、直樹さんのようですね。

    • 6:名前:higashida : 2019/05/15(水)

      あきこさんへ

      起き上がり小法師は、知っています。何度でも起き上がれる人に僕もなりたいです。

      東田直樹

ご意見・ご感想をお願いします。

理由なんて知らない

エッセイ

 

どうして こんなに苦しいの

自分の気持ちが言えない

どこかが おかしい

何かが違う

そんなことばかり考える

水溜りに映った空を見て今日の天気を探った

理由などない

理由などいらない

理由なんて知らない

僕は僕のままでいい

そう自分に言い聞かせ、水たまりを飛び越える

体が宙に浮いた時

僕の心も伸びをした

本日のnote記事

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!
コメント
  • 1:名前:あきこ : 2019/05/14(火)

    直樹さんの作品は、どの文章に本質が隠されているのか、読者がどこに力を込めるかで、全く印象がガラリと変化するところが、万華鏡のような魅力があるように思います。

    実は、昨晩に受けた感想と、今日は違う感想を持ちました。

    直樹さんは、もしかしたら、オピニオンリーダーとして、もしくはもっと些細なことなのかもしれません。何でも答えを求められることに疲れているのかもしれないと思ったのです。けれども、これもまた検討違いの感想なのかもしれません。

    何を伝えたいかのかと言うと、「今日はなんだか元気がなさそうだよ。もしそうだったら、元気を出してね。」それだけです。

    • 2:名前:higashida : 2019/05/14(火)

      あきこさんへ

      励ましてくださって、ありがとうございます。
      文章というのは、読む人によって感想が違ってきますね。

      東田直樹

  • 3:名前:うどん。 : 2019/05/14(火)

    「The Reason I Jump☆」
    飛び跳ねるから、飛び跳ねるんです。
    うまく言えないから、うまく言えないんです。そこに必ずしも理由なんかなくていいんです。
    ないがまま、ありのまま、でいいと思います。
    飛び跳ねても跳ねなくても、うまく言えても言えなくても、全部自分♪うつ病を持っている私はつらい時、そうやって自分を受け入れて受け入れてやり過ごしています( ´∀`)/☆

    • 4:名前:higashida : 2019/05/14(火)

      うどん。さんへ

      自分を受け入れてやり過ごすのは、いい方法だと思います。

      東田直樹

  • 5:名前:Rin : 2019/05/13(月)

    直樹さん、こんばんは。

    私も水溜まりを飛び越えてみよう。

    いつもありがとうございます。

    • 6:名前:higashida : 2019/05/14(火)

      Rinさんへ

      こんばんは。水溜まりって楽しいですね。

      東田直樹

  • 7:名前:あきこ : 2019/05/13(月)

    自分の気持ちを上手く伝えられない、そんな日もありますよね。

    そんな時は、例え言葉を尽くしていたとしても、砂山の砂のように、言葉がサラサラと手から溢れ落ちて、空回りしてしまうような気がします。

    けれども最後に、直樹さんは、水溜りを思い切ってジャンプできる人であるところが、本当に素晴らしいなと思います。

    明日のエッセイも、楽しみにしていますね。

    • 8:名前:higashida : 2019/05/14(火)

      あきこさんへ

      うまく行かない日も、自分らしくジャンプできれば、それでいいのだと思います。

      東田直樹

  • 9:名前:美由紀 : 2019/05/13(月)

    気持ちはしっかり

    届いていると思います。

    • 10:名前:higashida : 2019/05/14(火)

      美由紀さんへ

      届いているのなら、よかったです。

      東田直樹

ご意見・ご感想をお願いします。

「お母さんありがとう」「どういたしまして」

エッセイ

「お母さんありがとう」「どういたしまして」

もし、子どもが話せなかったら、お母さんがこの両方の言葉を言って、子どもを抱きしめてあげて下さい。

「お母さん ありがとう」と言ってもらえなくて、悲しい思いをしているのは、お母さんだけではないと思います。

本日のnote記事

 

 

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!
コメント
  • 1:名前:たかの : 2019/05/23(木)

    このエッセイたまらなく好きで、また読みに(会いに★愛に)きました(*^▽^*)

    百万回の*いいね*を贈りたい気持ちです。

    なんだか泣いちゃった、うれし涙。・゚・(ノ∀`)・゚・。

    • 2:名前:higashida : 2019/05/24(金)

      たかのさんへ

      僕は、子供がどんなにお母さんのことを好きだと思っているかを、お母さんたちに知って
      欲しいと願っています。

      東田直樹

  • 3:名前:ヒロパパ : 2019/05/15(水)

    悲しくはないと思います。
    たとえ言葉で伝えなくても、母親の愛を迷惑に思う人なんていません。
    言葉を使う者の中には、心にもない憎まれ口を叩く者もいますが、言葉が全てではありません。
    一緒にいるだけで、心が落ち着ける。そんな親子でい続けたいと思って日々過ごしています。たよりない父親ですが、父親は私しかいないのですから。彼にとって、特別な存在でありたいのです。
    羽島では、お世話になりました。
    まだ半人前の理解者である自分自身を感じさせられる事となりましたが、直樹さんと美紀さんの関係をじっくりと体感させて頂きました。互いの信頼関係からくる、優しい時間が常に流れていたと感じました。
    そんな親子になれたらと思っています。日々の支援施設での仕事でも、利用者さんがノンビリ穏やかになってもらえるよう、自分をさらけだし、理解してもらう努力をしています。互いに同じ人間なんです。同じように、喜怒哀楽があるんです。
    また、ゆっくりお二人とお会いしたいです。今度は妻も一緒させてくださいね。

    • 4:名前:higashida : 2019/05/15(水)

      ヒロパパさんへ

      一緒にいるだけで、心が落ち着ける親子関係は理想ですね。
      同じ人間だと思って利用者さんに接することで見えてくるものも
      あると思います。

      東田直樹

  • 5:名前:あきこ : 2019/05/12(日)

    直樹さんは、素敵な母の日を過ごしましたか?

    私は、息子から折り紙で折ったセミをもらぃした。中を開けると、向日葵の絵とお母さん、ありがとう。と書いてありました。嬉しかったです。

    日々の生活ですっかり忘れていたのですが、直樹さんのエッセイを拝読したときに、息子の初めて話した二語文が、母の日の「お母さん、ありがとう。」だったことを鮮明に思い出しました。直樹さんからも、素敵な贈り物を受け取ったような気持ちになりましたよ
    。ありがとうございます。

    直樹さんの「お母さん、ありがとう。」の言葉が、たくさんの母子に幸せを届けてくれると良いですね。

    • 6:名前:higashida : 2019/05/13(月)

      あきこさんへ

      すてきなエピソードですね。こちらこそ、ありがとうございます。

      東田直樹

  • 7:名前:さちほ : 2019/05/12(日)

    私をあなたのお母さんにしてくれてありがとう。
    あなたが生まれた日から、お母さんの日々も始まったよ。
    好きなお花がカーネーションになったのも、お母さんになってから。
    毎日、かけがえのないあなたとの時間、これからもずっと幸せが続きますように。

    • 8:名前:higashida : 2019/05/13(月)

      さちほさんへ

      お気持ちは子供さんに届いていると思います。

      東田直樹

  • 9:名前:うどん。 : 2019/05/12(日)

    東田さんのお母さん、ありがとう♪
    私は、「自閉症の君が教えてくれたこと」をテレビでみて、東田さんのファンになりました。東田さん、ありがとう♪
    お母さんの好きな花は何ですか?それでは良い母の日をお過ごし下さい♪♪

    • 10:名前:higashida : 2019/05/12(日)

      うどん。さんへ

      僕が出演したテレビをご覧下さって、こちらこそ、どうも、ありがとうございました。
      母の好きな花は、チューリップです。

      東田直樹

ご意見・ご感想をお願いします。

名前をつけて

エッセイ

 

クマのようでブタのようでヒトのようで……

一体僕は誰なの?

名前をつけてね。

そう言われて困るのは、

この絵を見た人。

描いた人ではありません。

 

本日のnote記事

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!
コメント
  • 1:名前:ゆうじ : 2019/05/15(水)

    誰 なのか

    • 2:名前:higashida : 2019/05/15(水)

      ゆうじさんへ

      「誰」というのは人を指す言葉ですが、この文章中では、
      「クマ」も「ブタ」も「ヒト」も、同じ属性である感じにしたかったのと、親近感を出したかったので
      「動物」や「何」という言葉を使わず「誰」にしました。

      東田直樹

  • 3:名前:Leon : 2019/05/14(火)

    見た人(周りの人)が本人の意図に関係なく1つの枠に当てはめようとしてしまうのかも知れません

    • 4:名前:higashida : 2019/05/14(火)

      Leonさんへ

      枠はあっても、なくても不便ですね。

      東田直樹

  • 5:名前:ららみ : 2019/05/12(日)

    ボクの名前は「空(くー)君」です。
    お空を見るのが大好きな、お父さんとお母さんが名付けてくれました。
    だからかな?ボクは空想が大好きな男の子になりました。

    【追伸】
    昨日、「前向き」の記事にコメントした「そらみ」は、「ららみ」の間違いです!
    間違えた名前でコメントしてしまい、申し訳ありませんでした。
    そして、コメントのお返事、ありがとうございました。
    と~っても嬉しかったです(^ ^)/

    • 6:名前:higashida : 2019/05/12(日)

      ららみさんへ

      「空君」すてきな名前ですね。
      僕のコメントがお役に立って良かったです。

      東田直樹

  • 7:名前:さちほ : 2019/05/12(日)

    名前:クマブト
    クマのようであり、ブタのようであり、ヒトのようであり。何者にでもなれるけど、何者でもない。
    唯一無二のクマブト。

    • 8:名前:higashida : 2019/05/12(日)

      さちほさんへ

      「クマブト」というのは、おもしろい名前ですね。
      唯一無二の存在らしさが出ています。

      東田直樹

  • 9:名前:きみ : 2019/05/12(日)

    (笑)かわいい。。
    君の名前は「プーブー」。プーブーはみんなから愛されて暮らしているんだ。1人で暮らすプーブーはたまに寂しさを感じながら暮らすんだけど、仲間や友達といろんな話しや遊びをしながら大きくなって行くんだ。

    • 10:名前:higashida : 2019/05/12(日)

      きみさんへ
      「プーブー」かわいいです。
      物語がつくれそうです。

      東田直樹

  • 11:名前:あきこ : 2019/05/11(土)

    本当に不思議ですね。
    逆に考えると、私達が名前を知らないと安心できないのは、何故なのでしょうね?
    それはさておき、とても可愛い僕ですね。

    • 12:名前:higashida : 2019/05/12(日)

      あきこさんへ

      イラストに名前が必要なのは、見てくれる人のためだと思うのです。

      東田直樹

ご意見・ご感想をお願いします。