Blog
ブログ
僕には見えていないのです
エッセイ

 

僕には、人が見えていないのです。

「僕には、人が見えていないのです。人も風景の一部となって、僕の目に飛び込んでくるからです」と以前、本の中で書きました。

これは、相手が誰だかわからないということを説明しているのではありません。

僕の場合、いつも会っている場所以外だと、その人が誰なのか、相手が家族であっても、すぐには気づかないことがありますが、この文章に書いてある内容は、僕が人だけを特に注視することはないという意味なのです。

このような特性は、訓練すれば治るというようなものではないような気がします。

それは、僕が意識して人を見ていないわけではないからです。

少しずつ、自分で出来ることが増えて来た今でも、そういった見え方に変化はありません。他の自閉症者が、僕と同じかどうかは、わかりません。

本日のnote記事

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!

コメント
  • 1:名前:はな : 2019/06/24(月)

    自閉症の特性をもつ子どもの母です。
    私の子どももそういうふうに見えてるのかなと感じました。 子どもは、まだ言葉にして自分の感じた事を伝える事が出来ないのですが、とてもわかりやすく、捉えることができました。ありがとう。

    • 2:名前:higashida : 2019/06/25(火)

      はなさんへ

      相手を思いやる気持ちは、「なぜ」という疑問からも生まれるのではないでしょうか。

      東田直樹

ご意見・ご感想をお願いします。