Blog
ブログ
想像
エッセイ

夏の空です。
白い雲はもくもくして、空は青く輝いています。
蝉が鳴き、日中に子供たちの賑やかな笑い声が聞こえて来ると夏も真っ盛り。
誰のせいでもない暑さに文句を言いながら、僕は海に行こうか、山に行こうか迷います。
結局、人の多さに断念しますが、行った自分を想像するだけでも楽しいです。
想像するのにお金はかかりません。
いつでも、どこでも、こうして気軽に、頭の中で遊べるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下記をクリックすると、noteの記事を読むことができます。
note記事 「悩みの行き先は宇宙の果ての銀河系」
どうぞ、よろしくお願いします。

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!

コメント
  • 1:名前:domiso : 2019/08/06(火)

    東田さん

    私は東田さんと友達と数人で山へ行ってキャンプをする、という想像を頭の中でしてみましたよ。
    バーベキューをして、夜はキャンプファイアーを囲んでみんなで歌ったり、にこにこおしゃべりを
    したり・・・とっても楽しい想像の世界でした。

    • 2:名前:higashida : 2019/08/07(水)

      domisoさんへ

      楽しそうですね。僕もキャンプの想像は、よくしています。

      東田直樹

  • 3:名前:みんみん : 2019/08/06(火)

    想像って素敵ですね。
    目を閉じたら、私達は自由になれますね。
    リアルな体験も楽しいですが。
    目を閉じたら一瞬にして
    どこへでも行けますね。
    私も、リアルにできないことがあったら、
    頭の中で気軽に遊んでみますね。
    楽しい気付きをありがとうございます。

    • 4:名前:higashida : 2019/08/07(水)

      みんみんさんへ

      僕はテレビを見ている時も、その場所へ、自分が言ったような気分になります。
      自分が知らない世界は、たくさんあるのだと感じます。

      東田直樹

  • 5:名前:匿名 : 2019/08/05(月)

    若い頃は、思いつきの行き当たりばったりの旅をしていました。観光地に行ったり、計画を立てるのは野暮だとさえ思っていた位です。けれども、ここ十年程は、毎年かかさず旅のしおりを作ります。凝り性なので周りが飽きれる程、細かく調べてしまいます。けれども、その調べたものが、現地で実際に見かけると、何故だかどこか不思議な気がします。あれこれと想像している時間の方が、もしかしたら自分にとってはより現実的なのかもしれません。東田さんも、楽しい想像の旅をお過ごし下さい。

    • 6:名前:higashida : 2019/08/07(水)

      匿名さんへ

      旅のしおりを作るなんて素敵ですね。
      僕は、その場で感激したいタイプなので、なるべく事前の情報は、聞かないようにしています。

      東田直樹

ご意見・ご感想をお願いします。