Blog
ブログ
歩いている人
エッセイ

 

さっそうと歩いている人は素敵です。

でも僕は、よぼよぼと歩いている人も素敵だなと思うのです。

僕もいずれ、年を取って歩くこともままならなくなるでしょう。

そんな時、僕の脳裏に浮かぶのは、さっそうと歩いていた人ではなく、

よぼよぼと歩いていた人だと思います。

「あの人も頑張っていた」

名前も知らない人に励まされる。

それは、人ゆえの感情でしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記をクリックすると、noteの記事を読むことができます。
本日のnote記事 空を見上げる
どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!

コメント
  • 1:名前:54歳・男 : 2019/11/06(水)

    50年後も上を向いてさっそうと歩いている自分でありたいと思います。年を取ってもよぼよぼ爺さんになるのではなく、まだまだ頑張れる夢追い人になれたらいいなと思います。

  • 2:名前:ちよ : 2019/11/06(水)

    ありがとうございます。私は足が悪い為歩く姿がとても気になっていました。でも、今日の東田さんのブログを拝見して気にするのをやめることにします。

  • 3:名前:せっちゃん : 2019/11/06(水)

    初めまして。
    何とすてきな言葉でしょう。
    私は、近い先によぼよぼと歩く自分の姿が思い描ける年齢になっています。
    その時に「まだこうして歩ける」と、秋の高い空を見上げられる自分でいられるような、そんな勇気を貰ったように思えます。
    言葉って大きな力があるんですね。
    ありがとう。

ご意見・ご感想をお願いします。