Blog
ブログ
散歩しているときの僕の意識
エッセイ

 

散歩しているとき、僕が何を考えているのかというと、

何も考えていないことのほうが多いです。

体を動かすことに一所懸命だからだと思います。

見たところ身体に機能的な障害はないのに

そんなことあるはずがないと思われるかもしれませんが、

歩く歩くぞと意識しなければ、

僕は止まってしまいそうになります。

だから前を向いてずんずん歩きます。

油断すると走ってどこかに行ってしまうので、

目的地までずんずん歩きます。

 

※Twitterでつぶやいています。

■東田直樹Twitter

英語のTwitterもスタートしています。

■東田直樹英語Twitter

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!

ご意見・ご感想をお願いします。