Blog
ブログ
大丈夫
エッセイ

緑が美しい季節は、

みんなが、やる気に満ちあふれています。

誰もが「よし、頑張るぞ」と思っていることでしょう。

でも、もし、置いてきぼりな気分になっていたら、

大空を眺めて深呼吸。

「私は、大丈夫」とつぶやこう。

本日のnote記事

この記事の内容が気に入ったら、ソーシャルメディアでシェアお願いします!

コメント
  • 1:名前:hiro : 2019/05/15(水)

    ときどきどうしようもなくぽつんと置いてけぼりにかんじてしまうことありますよね
    そんな時は私もそうしてみます
    ありがとうございます

    • 2:名前:higashida : 2019/05/15(水)

      hiroさんへ

      「置いてきぼり」ではなく、「自由」だと思えるといいですね。

      東田直樹

  • 3:名前:あきこ : 2019/05/10(金)

    何度も温かいメッセージをありがとうございます。

    息子が二年生になってから、私の中で漠然と抱えていた不安や葛藤を、直樹さんが言葉で繋いでくれたように感じます。本当にありがとう。

    今日、寝る前に息子は、僕は、先生や友達に、無視したり注意されるんじゃなくて、優しくしてもらいたいんだ。と笑いながら言っていました。

    頑張ることと、自尊心が傷つくことは違いますね。本当に。

  • 4:名前:あきこ : 2019/05/10(金)

    直樹さん、ありがとうございます。
    再びお話ができるようになって嬉しいです。

    まさにその通りですね。休み明けから、息子は、いよいよ体調不良を訴えるようになりました。けれども、息子は、校長先生が学校には悩み相談ボックスがあると言っていたことを思い出したようです。今朝、早速書きに行くと言っていました。その内容から、自尊心が傷付いて疲れているのだろうなと知リました。直樹さんの仰る通りです。

    この件では、学校だけではなく、私自身も厳しい指導の担任のペースに合わせようと、頑張らせようとしてしまったところがあったと、直樹さんの言葉にはっとさせられました。周りのペースではなく、目の間の息子と向き合わないといけないと改めて反省しまた。

    直樹さんは、いつでも原点を思い出させてくれますね。いつもありがとうございます。

    • 5:名前:higashida : 2019/05/10(金)

      あきこさんへ

      何が成長につながったかは、後でわかることです。
      頑張ることと自尊心が傷つくことは、別のことだと思います。

      東田直樹

  • 6:名前:Rin : 2019/05/09(木)

    直樹さん、こんにちは。

    新緑が眩しすぎて、目をそらしてしまいそうになる日があります。

    大空を眺めて深呼吸してきました。
    大丈夫、大丈夫。

    いつもありがとうございます。

    • 7:名前:higashida : 2019/05/09(木)

      Rinさんへ

      僕も植物の生命力に圧倒されることがあります。
      緑は美しいですね。

      東田直樹

  • 8:名前:あきこ : 2019/05/08(水)

    直樹さん、お久しぶりです。
    毎年、母の日の季節になると直樹さんのことを思い出すファンの一人です。二歳になったばかりの息子のことで悩んでいた時、直樹さんから頂いた言葉に救われたことは、今でも忘れられません。

    あれから五年が経ち、息子は、通常学級に通う小学二年生になりました。算数と音読が得意、体育と図工が苦手、カラオケと工作と虫採りが大好きな男の子です。

    息子のクラスには、特別支援学校から副席学級の男の子が月に一度やって来て、授業に参加することもあるそうです。けれども、学級通信などで知らされることは全くありませんし、息子は、その子のようにはなりたくないと頑なに言うようになりました。また、二年生になってからは、担任から叱られた際に、通級指導教室に行かせるよと脅されたそうで、通級は小学生以下の子が行くところだから、行かないと言い張っています。何の為のインクルーシブ教育なのだろう、と疑問に思っているところです。暗い話になってしまい、ごめんなさいね。

    直樹さん、これからも私達に明るい光を灯してください。いつまでも応援しています。

    • 9:名前:higashida : 2019/05/08(水)

      あきこさんへ

      それぞれの教育の場で、利点欠点はあると思います。
      一番大事なのは、子どもの自尊心を気づけないようにすることではないでしょうか。
      子どもの周りにいる大人たちが、自分は何をすべきか真剣に考えてほしいのです。

      東田直樹

ご意見・ご感想をお願いします。