News
最新情報
夢の実現

エッセイ
  みんなが笑って過ごせる世界なんて、 夢なのかもしれないけれど、 それを目指す世界は、 夢なんかじゃない。 夢の実現は、 いつも、目標をかかげることから始まる。 本日のnote記事
  みんなが笑って過ごせる世界なんて、 夢なのかも・・・
昔は良かった

エッセイ
  「今の若い人は」という話を、よく聞きます。 いつの時代でもそうです。 そして、それは、大抵あまり、いい話ではありません。 「自分たちの時は、こんなに頑張っていた。それなのに……」という非難も加わるからです。・・・
  「今の若い人は」という話を、よく聞きます。 い・・・
雨の日

エッセイ
雨の日の運転は、みんなが慎重になります。 ゆっくり、ゆっくり、右見て、左見て。 気をつけて、危ないよ。 ほら、ほら。 同乗しているみんなが運転手になったみたいに、 車の中がにぎやかです。 本日のnote記事 ※2019年・・・
雨の日の運転は、みんなが慎重になります。 ゆっくり、ゆっくり・・・
手のマッサージ

エッセイ
手のマッサージ機を使ってみました。 意外と気持よくて、びっくりしました。 右手と左手、僕の利き手は右手ですが、 左手の方が、より気持ち良かったです。 自分がやってみて、初めて良さがわかりました。 体験してみなければわから・・・
手のマッサージ機を使ってみました。 意外と気持よくて、びっく・・・
自閉症だから

エッセイ
嫌なことがあると眠れないことがあるのではないでしょうか。 僕は、そんな時、自分が自閉症だからだとは考えません。 「今日は眠れないなぁ」と思うだけです。 自分が自閉症という障害を抱えているとわかっていても、何を自閉症のせい・・・
嫌なことがあると眠れないことがあるのではないでしょうか。 僕・・・
忘れてしまう

エッセイ
曇った日には、遠くの山が、よく見えないことがあります。 見えない時には、山の存在を忘れてしまいますが、 山がなくなったわけではないのです。 意識しなければ、あることさえ忘れてしまうものが、 日常の中には、たくさんあるので・・・
曇った日には、遠くの山が、よく見えないことがあります。 見え・・・
もういいよね

エッセイ
  怒って怒る それなのに 何に怒っているのか自分でもよくわからない 怒って泣く どうしてなのか 何が僕を泣かせるのか自分でもよくわからない 怒って笑う もういいよね 気持ちを整理する もう怒らない もう泣かな・・・
  怒って怒る それなのに 何に怒っているのか自分・・・
擬人化

エッセイ
何かを擬人化する際、顔は、そのものに似せているけれども、 体は人間のままというケースが、意外と多いような気がします。 何だか、おもしろいなぁと思って、僕は見ています。 顔というのは、相手を認識するために、最初に見るところ・・・
何かを擬人化する際、顔は、そのものに似せているけれども、 体・・・
大逆転

エッセイ
大逆転に憧れる人は多いです。 もうだめだと思った瞬間から状況が好転する。 そして、最後には勝利をおさめます。 もうだめだと思った時に、予想外の力を発揮することがあります。 どれだけ頑張れるかなんて、本当は誰にも 決められ・・・
大逆転に憧れる人は多いです。 もうだめだと思った瞬間から状況・・・
これがいいのだ

エッセイ
雨が降りそうで降らない時、 「雨が降らなくてよかった」と思うのか、 「雨が降りそうでいやだなあ」と思うのか、 どちらでしょう。 良い方向に考えるのか、悪い方向に考えるのかによっても、 気分は浮き沈みします。 これでいいの・・・
雨が降りそうで降らない時、 「雨が降らなくてよかった」と思う・・・

記事はありません。

活動報告の記事はありません。

雨の日

エッセイ
雨の日の運転は、みんなが慎重になります。 ゆっくり、ゆっくり、右見て、左見て。 気をつけて、危ないよ。 ほら、ほら。 同乗しているみんなが運転手になったみたいに、 車の中がにぎやかです。 本日のnote記事 ※2019年・・・
雨の日の運転は、みんなが慎重になります。 ゆっくり、ゆっくり・・・
手のマッサージ

エッセイ
手のマッサージ機を使ってみました。 意外と気持よくて、びっくりしました。 右手と左手、僕の利き手は右手ですが、 左手の方が、より気持ち良かったです。 自分がやってみて、初めて良さがわかりました。 体験してみなければわから・・・
手のマッサージ機を使ってみました。 意外と気持よくて、びっく・・・
自閉症だから

エッセイ
嫌なことがあると眠れないことがあるのではないでしょうか。 僕は、そんな時、自分が自閉症だからだとは考えません。 「今日は眠れないなぁ」と思うだけです。 自分が自閉症という障害を抱えているとわかっていても、何を自閉症のせい・・・
嫌なことがあると眠れないことがあるのではないでしょうか。 僕・・・
忘れてしまう

エッセイ
曇った日には、遠くの山が、よく見えないことがあります。 見えない時には、山の存在を忘れてしまいますが、 山がなくなったわけではないのです。 意識しなければ、あることさえ忘れてしまうものが、 日常の中には、たくさんあるので・・・
曇った日には、遠くの山が、よく見えないことがあります。 見え・・・
もういいよね

エッセイ
  怒って怒る それなのに 何に怒っているのか自分でもよくわからない 怒って泣く どうしてなのか 何が僕を泣かせるのか自分でもよくわからない 怒って笑う もういいよね 気持ちを整理する もう怒らない もう泣かな・・・
  怒って怒る それなのに 何に怒っているのか自分・・・
擬人化

エッセイ
何かを擬人化する際、顔は、そのものに似せているけれども、 体は人間のままというケースが、意外と多いような気がします。 何だか、おもしろいなぁと思って、僕は見ています。 顔というのは、相手を認識するために、最初に見るところ・・・
何かを擬人化する際、顔は、そのものに似せているけれども、 体・・・
大逆転

エッセイ
大逆転に憧れる人は多いです。 もうだめだと思った瞬間から状況が好転する。 そして、最後には勝利をおさめます。 もうだめだと思った時に、予想外の力を発揮することがあります。 どれだけ頑張れるかなんて、本当は誰にも 決められ・・・
大逆転に憧れる人は多いです。 もうだめだと思った瞬間から状況・・・
これがいいのだ

エッセイ
雨が降りそうで降らない時、 「雨が降らなくてよかった」と思うのか、 「雨が降りそうでいやだなあ」と思うのか、 どちらでしょう。 良い方向に考えるのか、悪い方向に考えるのかによっても、 気分は浮き沈みします。 これでいいの・・・
雨が降りそうで降らない時、 「雨が降らなくてよかった」と思う・・・
僕にとっての自由

エッセイ
プールで泳いでいる時 地上より水の中の方が自由を感じるという人は、 どれくらいいるのでしょうか。 息が出来なくても、話せなくても、何も聞こえなくても、 水の中に潜っていると、それだけで信じられないくらい 僕は心地よさを感・・・
プールで泳いでいる時 地上より水の中の方が自由を感じるという・・・
生と死

エッセイ
  人が命を大切に思う気持ちは、自分を大切に思う気持ちだと思います。 生と死は、いつも隣り合わせに存在しています。 生きていることは永遠ではありません。 人はいつも死を前にすると無力ですが、生を前にすると、勇者・・・
  人が命を大切に思う気持ちは、自分を大切に思う気・・・