News
最新情報
走り続けたその先に

エッセイ
  走り続けたその先に 一体何を見つけたのだろう 未来の自分の姿 それとも 変化し続ける世界 誰のせいでもないけれど どこかがおかしい やっぱり 予想通りじゃなかったね しかたないけど あきらめない だから 僕・・・
  走り続けたその先に 一体何を見つけたのだろう ・・・
音楽

エッセイ
  音楽を聴いていると、その間は、 楽曲の世界観に浸ることで、 現実から逃避できます。 しばしの休憩。 それは、問題解決とは直接関係ないのかもしれませんが、 生きるためのエネルギーの補給になっているような気がし・・・
  音楽を聴いていると、その間は、 楽曲の世界観に・・・
夏休みも終盤

エッセイ
  少しだけ秋の気配がする景色は、 霧がかかった空気感。 お日様がお昼寝しているような気温は、 8月としては やや低い。 たまには涼しい方がいいよね。 みんなでわくわくした夏休みも終盤。 ぼんやりと空を眺めなが・・・
  少しだけ秋の気配がする景色は、 霧がかかった空・・・
話し合いと争いごと

エッセイ
話し合いによって争いごとが解決するのが理想ですが、 そのためには、みんなが多少なりとも我慢しなければなりません。 子どもの世界では、最後は必ず正義の味方が勝ちます。 ヒーローは、みんなから賞賛されますが、 誰がヒーローだ・・・
話し合いによって争いごとが解決するのが理想ですが、 そのため・・・
世界

エッセイ
世界が荒廃しているのか、発展しているのか、 抱く感想はひとりひとり違うでしょう。 もう、どうにでもなれと投げ出したくなっても、 あきらめてはいけないのです。 知恵を出し合って、みんなで問題を解決しなければなりません。 世・・・
世界が荒廃しているのか、発展しているのか、 抱く感想はひとり・・・
できるだけ期待しないという気持ち

エッセイ
できるだけ、期待しないでおこうと思う時には、 できれば、がっかりしたくないという気持ちが 隠されているのかもしれません。 どうすれば、自分が傷つかなくてすむのか、 無意識に考えてしまうのは、 元の自分に戻るために、どれだ・・・
できるだけ、期待しないでおこうと思う時には、 できれば、がっ・・・
花火

エッセイ
明日できることは、明日でいいと思わせてくれる魅力が、 花火にはあります。 この瞬間は、全部花火を見ることだけに捧げなくてはいけない。 花火の夢のような美しさに酔いしれるのは、人間だけです。 美のために何かを犠牲にできる。・・・
明日できることは、明日でいいと思わせてくれる魅力が、 花火に・・・
今日、空を見て思うこと

エッセイ
小さい頃、僕の見ていた空は、今より広かったような気がします。 宇宙の規模から考えれば、僕がどれくらい大きくなったかなんて、 ほとんど関係ない数値でしょう。 大人になって視野は広がったはずなのに、目にする空は小さくなる。 ・・・
小さい頃、僕の見ていた空は、今より広かったような気がします。・・・
まだまだ

エッセイ
まだまだ青い ここから ここから どんな色になるのかな 見ててね 見ててね 僕が成長するのを 黙って見ててね きれいに熟すまで この実が種を宿すまで
まだまだ青い ここから ここから どんな色になるのかな 見て・・・
がんがん

エッセイ
緑がきれいで目の奥がしみる どこまでだって伸びてやる がんがんに太陽を浴びても ひるまない植物たち 上へ上へ 天まで届く勢いで 命を燃やす
緑がきれいで目の奥がしみる どこまでだって伸びてやる がんが・・・

記事はありません。

活動報告の記事はありません。

世界

エッセイ
世界が荒廃しているのか、発展しているのか、 抱く感想はひとりひとり違うでしょう。 もう、どうにでもなれと投げ出したくなっても、 あきらめてはいけないのです。 知恵を出し合って、みんなで問題を解決しなければなりません。 世・・・
世界が荒廃しているのか、発展しているのか、 抱く感想はひとり・・・
できるだけ期待しないという気持ち

エッセイ
できるだけ、期待しないでおこうと思う時には、 できれば、がっかりしたくないという気持ちが 隠されているのかもしれません。 どうすれば、自分が傷つかなくてすむのか、 無意識に考えてしまうのは、 元の自分に戻るために、どれだ・・・
できるだけ、期待しないでおこうと思う時には、 できれば、がっ・・・
花火

エッセイ
明日できることは、明日でいいと思わせてくれる魅力が、 花火にはあります。 この瞬間は、全部花火を見ることだけに捧げなくてはいけない。 花火の夢のような美しさに酔いしれるのは、人間だけです。 美のために何かを犠牲にできる。・・・
明日できることは、明日でいいと思わせてくれる魅力が、 花火に・・・
今日、空を見て思うこと

エッセイ
小さい頃、僕の見ていた空は、今より広かったような気がします。 宇宙の規模から考えれば、僕がどれくらい大きくなったかなんて、 ほとんど関係ない数値でしょう。 大人になって視野は広がったはずなのに、目にする空は小さくなる。 ・・・
小さい頃、僕の見ていた空は、今より広かったような気がします。・・・
まだまだ

エッセイ
まだまだ青い ここから ここから どんな色になるのかな 見ててね 見ててね 僕が成長するのを 黙って見ててね きれいに熟すまで この実が種を宿すまで
まだまだ青い ここから ここから どんな色になるのかな 見て・・・
がんがん

エッセイ
緑がきれいで目の奥がしみる どこまでだって伸びてやる がんがんに太陽を浴びても ひるまない植物たち 上へ上へ 天まで届く勢いで 命を燃やす
緑がきれいで目の奥がしみる どこまでだって伸びてやる がんが・・・
懐かしいな

エッセイ
こんなことをして遊んでいたと思い返す時、 僕は、子供にかえっているわけではありません。 懐かしいなと思いながら、 遊んでいた当時の自分の姿を 思い浮かべています。 僕はきっと笑顔だったでしょう。 楽しかった思い出は、今の・・・
こんなことをして遊んでいたと思い返す時、 僕は、子供にかえっ・・・
セミ

エッセイ
地上の楽園に流れていたのは 予想外によどんだ空気 ちょっと緑が少なすぎない? 旅に出ようか迷っていたら 人間に見つかった 「お願いつかまえないでね」 丸いおめめで頼んだら すぐに「さよなら」してくれた
地上の楽園に流れていたのは 予想外によどんだ空気 ちょっと緑・・・
想像

エッセイ
夏の空です。 白い雲はもくもくして、空は青く輝いています。 蝉が鳴き、日中に子供たちの賑やかな笑い声が聞こえて来ると夏も真っ盛り。 誰のせいでもない暑さに文句を言いながら、僕は海に行こうか、山に行こうか迷います。 結局、・・・
夏の空です。 白い雲はもくもくして、空は青く輝いています。 ・・・
ラジオ体操

エッセイ
小学生だった頃、夏休みにはラジオ体操のために、近くの公園に行っていました。 鳥の声を聴きながら、涼しい早朝に体を動かすのは、楽しかったです。 僕はいつも一番後ろの端っこで体操しました。 前でやってくれる人の姿は見えません・・・
小学生だった頃、夏休みにはラジオ体操のために、近くの公園に行・・・