News
最新情報
色のイメージ

エッセイ
好きな色は、人それぞれですが、 色のイメージは、ある程度共通するものがあるように思います。 どんな時に何色を使うかは、長い歴史の中で、 だんだんと決まってきたものではないでしょうか。 色だけで感情を伝えられるのは、おもし・・・
好きな色は、人それぞれですが、 色のイメージは、ある程度共通・・・
誰のせいでもないくせに

エッセイ
  ずっこけて ひっくり返って 空を見る なぁんだ そうか そうだよね 誰のせいでもないくせに 怒ってはいけないよ 空の彼方に目をやれば 一羽の鳥が飛んでいた なぁんだ そうか そうだよね 僕は僕で 鳥は鳥 誰・・・
  ずっこけて ひっくり返って 空を見る なぁんだ・・・
理由なんて知らない

エッセイ
  どうして こんなに苦しいの 自分の気持ちが言えない どこかが おかしい 何かが違う そんなことばかり考える 水溜りに映った空を見て今日の天気を探った 理由などない 理由などいらない 理由なんて知らない 僕は・・・
  どうして こんなに苦しいの 自分の気持ちが言え・・・
「お母さんありがとう」「どういたしまして」

エッセイ
「お母さんありがとう」「どういたしまして」 もし、子どもが話せなかったら、お母さんがこの両方の言葉を言って、子どもを抱きしめてあげて下さい。 「お母さん ありがとう」と言ってもらえなくて、悲しい思いをしているのは、お母さ・・・
「お母さんありがとう」「どういたしまして」 もし、子どもが話・・・
名前をつけて

エッセイ
  クマのようでブタのようでヒトのようで…… 一体僕は誰なの? 名前をつけてね。 そう言われて困るのは、 この絵を見た人。 描いた人ではありません。   本日のnote記事
  クマのようでブタのようでヒトのようで…… 一体・・・
打ち合わせ

活動報告
出版社の方と打ち合わせをしました。 これからも、執筆頑張ります。
出版社の方と打ち合わせをしました。 これからも、執筆頑張りま・・・
前向き

エッセイ
  僕は時々、小さかった頃の写真を見つめながら、 写真の僕に向かって声をかけます。 「君なら、できるよ」 写真の僕が、どんな気持ちでいたか、 僕にしかわかりません。 過去の自分を慰めることで、 今の自分も元気に・・・
  僕は時々、小さかった頃の写真を見つめながら、 ・・・
常識と非常識

エッセイ
  常識と呼ばれているものの中には、どこかで非常識になるものがあります。 みんなが当たり前と思っていることが、ずっと続くとは言い切れないのです。 今までの常識が間違っていたなんてと思うかもしれませんが、 間違っ・・・
  常識と呼ばれているものの中には、どこかで非常識・・・
とんでも とんでも

エッセイ
  とんでも とんでも 僕は鳥にはなれない わかるかな その気持ちが とんでも とんでも 僕は人間のまま それの何が悲しいのかわからないと 言われることが僕を孤独にする 本日のnote記事  
  とんでも とんでも 僕は鳥にはなれない わかる・・・
大丈夫

エッセイ
緑が美しい季節は、 みんなが、やる気に満ちあふれています。 誰もが「よし、頑張るぞ」と思っていることでしょう。 でも、もし、置いてきぼりな気分になっていたら、 大空を眺めて深呼吸。 「私は、大丈夫」とつぶやこう。 本日の・・・
緑が美しい季節は、 みんなが、やる気に満ちあふれています。 ・・・

記事はありません。

活動報告の記事はありません。

色のイメージ

エッセイ
好きな色は、人それぞれですが、 色のイメージは、ある程度共通するものがあるように思います。 どんな時に何色を使うかは、長い歴史の中で、 だんだんと決まってきたものではないでしょうか。 色だけで感情を伝えられるのは、おもし・・・
好きな色は、人それぞれですが、 色のイメージは、ある程度共通・・・
誰のせいでもないくせに

エッセイ
  ずっこけて ひっくり返って 空を見る なぁんだ そうか そうだよね 誰のせいでもないくせに 怒ってはいけないよ 空の彼方に目をやれば 一羽の鳥が飛んでいた なぁんだ そうか そうだよね 僕は僕で 鳥は鳥 誰・・・
  ずっこけて ひっくり返って 空を見る なぁんだ・・・
理由なんて知らない

エッセイ
  どうして こんなに苦しいの 自分の気持ちが言えない どこかが おかしい 何かが違う そんなことばかり考える 水溜りに映った空を見て今日の天気を探った 理由などない 理由などいらない 理由なんて知らない 僕は・・・
  どうして こんなに苦しいの 自分の気持ちが言え・・・
「お母さんありがとう」「どういたしまして」

エッセイ
「お母さんありがとう」「どういたしまして」 もし、子どもが話せなかったら、お母さんがこの両方の言葉を言って、子どもを抱きしめてあげて下さい。 「お母さん ありがとう」と言ってもらえなくて、悲しい思いをしているのは、お母さ・・・
「お母さんありがとう」「どういたしまして」 もし、子どもが話・・・
名前をつけて

エッセイ
  クマのようでブタのようでヒトのようで…… 一体僕は誰なの? 名前をつけてね。 そう言われて困るのは、 この絵を見た人。 描いた人ではありません。   本日のnote記事
  クマのようでブタのようでヒトのようで…… 一体・・・
前向き

エッセイ
  僕は時々、小さかった頃の写真を見つめながら、 写真の僕に向かって声をかけます。 「君なら、できるよ」 写真の僕が、どんな気持ちでいたか、 僕にしかわかりません。 過去の自分を慰めることで、 今の自分も元気に・・・
  僕は時々、小さかった頃の写真を見つめながら、 ・・・
常識と非常識

エッセイ
  常識と呼ばれているものの中には、どこかで非常識になるものがあります。 みんなが当たり前と思っていることが、ずっと続くとは言い切れないのです。 今までの常識が間違っていたなんてと思うかもしれませんが、 間違っ・・・
  常識と呼ばれているものの中には、どこかで非常識・・・
とんでも とんでも

エッセイ
  とんでも とんでも 僕は鳥にはなれない わかるかな その気持ちが とんでも とんでも 僕は人間のまま それの何が悲しいのかわからないと 言われることが僕を孤独にする 本日のnote記事  
  とんでも とんでも 僕は鳥にはなれない わかる・・・
大丈夫

エッセイ
緑が美しい季節は、 みんなが、やる気に満ちあふれています。 誰もが「よし、頑張るぞ」と思っていることでしょう。 でも、もし、置いてきぼりな気分になっていたら、 大空を眺めて深呼吸。 「私は、大丈夫」とつぶやこう。 本日の・・・
緑が美しい季節は、 みんなが、やる気に満ちあふれています。 ・・・
広告

エッセイ
広告を見て、一番先に目に入るのは漢字です。 知っている漢字を見つけて、どんな書体で書いているのか確認します。 見たこともないような形だと見入ってしまいます。 広告そのものに興味や関心があるというわけではありませんが、 目・・・
広告を見て、一番先に目に入るのは漢字です。 知っている漢字を・・・