News
最新情報
失敗と成功

エッセイ
失敗も成功も、誰もが経験することです。 生活がうまくいっているから、成功というわけでもないでしょう。 失敗することが、必ずしもだめなこととは言えません。 失敗を生かせば、失敗も成功につながり、 成功を過信すれば、失敗する・・・
失敗も成功も、誰もが経験することです。 生活がうまくいってい・・・
走り続けたその先に

エッセイ
  走り続けたその先に 一体何を見つけたのだろう 未来の自分の姿 それとも 変化し続ける世界 誰のせいでもないけれど どこかがおかしい やっぱり 予想通りじゃなかったね しかたないけど あきらめない だから 僕・・・
  走り続けたその先に 一体何を見つけたのだろう ・・・
音楽

エッセイ
  音楽を聴いていると、その間は、 楽曲の世界観に浸ることで、 現実から逃避できます。 しばしの休憩。 それは、問題解決とは直接関係ないのかもしれませんが、 生きるためのエネルギーの補給になっているような気がし・・・
  音楽を聴いていると、その間は、 楽曲の世界観に・・・
夏休みも終盤

エッセイ
  少しだけ秋の気配がする景色は、 霧がかかった空気感。 お日様がお昼寝しているような気温は、 8月としては やや低い。 たまには涼しい方がいいよね。 みんなでわくわくした夏休みも終盤。 ぼんやりと空を眺めなが・・・
  少しだけ秋の気配がする景色は、 霧がかかった空・・・
話し合いと争いごと

エッセイ
話し合いによって争いごとが解決するのが理想ですが、 そのためには、みんなが多少なりとも我慢しなければなりません。 子どもの世界では、最後は必ず正義の味方が勝ちます。 ヒーローは、みんなから賞賛されますが、 誰がヒーローだ・・・
話し合いによって争いごとが解決するのが理想ですが、 そのため・・・
世界

エッセイ
世界が荒廃しているのか、発展しているのか、 抱く感想はひとりひとり違うでしょう。 もう、どうにでもなれと投げ出したくなっても、 あきらめてはいけないのです。 知恵を出し合って、みんなで問題を解決しなければなりません。 世・・・
世界が荒廃しているのか、発展しているのか、 抱く感想はひとり・・・
できるだけ期待しないという気持ち

エッセイ
できるだけ、期待しないでおこうと思う時には、 できれば、がっかりしたくないという気持ちが 隠されているのかもしれません。 どうすれば、自分が傷つかなくてすむのか、 無意識に考えてしまうのは、 元の自分に戻るために、どれだ・・・
できるだけ、期待しないでおこうと思う時には、 できれば、がっ・・・
花火

エッセイ
明日できることは、明日でいいと思わせてくれる魅力が、 花火にはあります。 この瞬間は、全部花火を見ることだけに捧げなくてはいけない。 花火の夢のような美しさに酔いしれるのは、人間だけです。 美のために何かを犠牲にできる。・・・
明日できることは、明日でいいと思わせてくれる魅力が、 花火に・・・
今日、空を見て思うこと

エッセイ
小さい頃、僕の見ていた空は、今より広かったような気がします。 宇宙の規模から考えれば、僕がどれくらい大きくなったかなんて、 ほとんど関係ない数値でしょう。 大人になって視野は広がったはずなのに、目にする空は小さくなる。 ・・・
小さい頃、僕の見ていた空は、今より広かったような気がします。・・・
まだまだ

エッセイ
まだまだ青い ここから ここから どんな色になるのかな 見ててね 見ててね 僕が成長するのを 黙って見ててね きれいに熟すまで この実が種を宿すまで
まだまだ青い ここから ここから どんな色になるのかな 見て・・・
山登先生との対談の様子がカドブンに掲載されました。

お知らせ
KADOKAWA発の文芸情報サイト カドブンに、東田直樹と山登敬之先生の対談の様子が掲載されました! 2/23に発売された文庫本「東田くん、どう思う?」の文庫版特別付録の対談を、写真つきで特別公開しています。 久しぶりに・・・
KADOKAWA発の文芸情報サイト カドブンに、東田直樹と山・・・
「東田くん、どう思う?」が出版されました!

お知らせ
単行本「社会の中で居場所をつくる」のタイトルが改題・加筆修正され、文庫化されました。 精神科山登先生との共著2年半における往復書簡をまとめたもので、26歳の東田直樹と山登先生との対談の様子が、新しく追加されています。 「・・・
単行本「社会の中で居場所をつくる」のタイトルが改題・加筆修正・・・
初めてのLINEスタンプが発売されました!

お知らせ
東田直樹の初めてのオリジナルLINEスタンプが発売されました。 ありがとう、OK、考え中など、日常のコミュニケーションに活用して頂ける 全8個のスタンプです。下のURLから購入ページに行けますので、 ぜひチェックしてみて・・・
東田直樹の初めてのオリジナルLINEスタンプが発売されました・・・
日本経済新聞に掲載されました

お知らせ
日本経済新聞の社会面「発信」というコーナーに、「書くことは存在の証明」というタイトルで東田直樹の記事が掲載されました。 自閉症という障害を抱えていることを知った時の心境、そして、言葉にできない感情や思いを自分にしか書けな・・・
日本経済新聞の社会面「発信」というコーナーに、「書くことは存・・・
「Fall Down Seven Times, Get Up Eight」がカナダで発売!

お知らせ
英語圏でご好評頂いております、ハードカバー「Fall Down Seven Times, Get Up Eight」が、ペーパーバックとしてカナダで発売されました。 持ち運びしやすいペーパーバックで、これまでよりも手軽に・・・
英語圏でご好評頂いております、ハードカバー「Fall Dow・・・
「自閉症のうた」が出版されました

お知らせ
KADOKAWAより、書き下ろしの最新エッセイ「自閉症のうた」が出版されました。 NHKドキュメンタリーで執筆風景が放送された短編小説「自閉症のうた」も収録。 「アイルランドのエッセイ」、「ミッチェル氏との対話、往復書簡・・・
KADOKAWAより、書き下ろしの最新エッセイ「自閉症のうた・・・

活動報告の記事はありません。

走り続けたその先に

エッセイ
  走り続けたその先に 一体何を見つけたのだろう 未来の自分の姿 それとも 変化し続ける世界 誰のせいでもないけれど どこかがおかしい やっぱり 予想通りじゃなかったね しかたないけど あきらめない だから 僕・・・
  走り続けたその先に 一体何を見つけたのだろう ・・・
音楽

エッセイ
  音楽を聴いていると、その間は、 楽曲の世界観に浸ることで、 現実から逃避できます。 しばしの休憩。 それは、問題解決とは直接関係ないのかもしれませんが、 生きるためのエネルギーの補給になっているような気がし・・・
  音楽を聴いていると、その間は、 楽曲の世界観に・・・
夏休みも終盤

エッセイ
  少しだけ秋の気配がする景色は、 霧がかかった空気感。 お日様がお昼寝しているような気温は、 8月としては やや低い。 たまには涼しい方がいいよね。 みんなでわくわくした夏休みも終盤。 ぼんやりと空を眺めなが・・・
  少しだけ秋の気配がする景色は、 霧がかかった空・・・
話し合いと争いごと

エッセイ
話し合いによって争いごとが解決するのが理想ですが、 そのためには、みんなが多少なりとも我慢しなければなりません。 子どもの世界では、最後は必ず正義の味方が勝ちます。 ヒーローは、みんなから賞賛されますが、 誰がヒーローだ・・・
話し合いによって争いごとが解決するのが理想ですが、 そのため・・・
世界

エッセイ
世界が荒廃しているのか、発展しているのか、 抱く感想はひとりひとり違うでしょう。 もう、どうにでもなれと投げ出したくなっても、 あきらめてはいけないのです。 知恵を出し合って、みんなで問題を解決しなければなりません。 世・・・
世界が荒廃しているのか、発展しているのか、 抱く感想はひとり・・・
できるだけ期待しないという気持ち

エッセイ
できるだけ、期待しないでおこうと思う時には、 できれば、がっかりしたくないという気持ちが 隠されているのかもしれません。 どうすれば、自分が傷つかなくてすむのか、 無意識に考えてしまうのは、 元の自分に戻るために、どれだ・・・
できるだけ、期待しないでおこうと思う時には、 できれば、がっ・・・
花火

エッセイ
明日できることは、明日でいいと思わせてくれる魅力が、 花火にはあります。 この瞬間は、全部花火を見ることだけに捧げなくてはいけない。 花火の夢のような美しさに酔いしれるのは、人間だけです。 美のために何かを犠牲にできる。・・・
明日できることは、明日でいいと思わせてくれる魅力が、 花火に・・・
今日、空を見て思うこと

エッセイ
小さい頃、僕の見ていた空は、今より広かったような気がします。 宇宙の規模から考えれば、僕がどれくらい大きくなったかなんて、 ほとんど関係ない数値でしょう。 大人になって視野は広がったはずなのに、目にする空は小さくなる。 ・・・
小さい頃、僕の見ていた空は、今より広かったような気がします。・・・
まだまだ

エッセイ
まだまだ青い ここから ここから どんな色になるのかな 見ててね 見ててね 僕が成長するのを 黙って見ててね きれいに熟すまで この実が種を宿すまで
まだまだ青い ここから ここから どんな色になるのかな 見て・・・
がんがん

エッセイ
緑がきれいで目の奥がしみる どこまでだって伸びてやる がんがんに太陽を浴びても ひるまない植物たち 上へ上へ 天まで届く勢いで 命を燃やす
緑がきれいで目の奥がしみる どこまでだって伸びてやる がんが・・・